スピーチドキュメント平和への声

第1回国連軍縮特別総会(SSD1)
演説 : 庭野日敬WCRP名誉議長 (14分)

米国とソ連の冷戦時代、国連で催された「第1回軍縮特別総会(SSD1)」において核兵器廃絶と軍縮を為政者に訴えかけた記録です。

1978年6月、国連史上初めて開かれた「国連軍縮特別総会」で、国連NGOに加盟している世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)を代表し、 庭野日敬WCRP名誉議長が演説を行いました。仏教の言葉を引用しながら、時の為政者(カーター米大統領とブレジネフソ連書記長)に対し『危険をおかしてまで武装するよりも、むしろ平和のために危険をおかすべきである』と訴えかけました。