次代会長 庭野光祥

HOME  >   概要   >   次代会長 庭野光祥

次代会長 庭野光祥

庭野光祥(にわの・こうしょう)次代会長は、1968(昭和43)年1月19日、庭野日鑛会長の長女として、東京都杉並区に生まれました。学習院大学法学部を卒業し、本会の人材養成機関である学林本科に学びました。
現在、法華経の研鑽につとめるなか、教団主要行事における参拝者への講話や国内外での宗教協力活動に取り組み、次代会長としての修行を続けています。(公財)新宗連(新日本宗教団体連合会)評議員、(公財)WCRP(世界宗教者平和会議)日本委員会理事、同国際委員会共同会長・共同議長、アブドッラー国王宗教・文化間対話のための国際センター(KAICIID)理事などを務めています。著書に『開祖さまに倣いて』など。