大聖堂内

HOME  >   本部ガイド   >   大聖堂   >   大聖堂内

パイプオルガン
日本製のパイプオルガンは、宗教的情操心を高めようという目的で大聖堂内に設置されました。パイプの長さはわずか3センチのものから最長で7メートルのものまであり、その数は実に1925本を数えます。さらに、28の音色(おんしょく)を出すことができ、毎日行われる宗教儀式の際には必ず仏賛歌などが演奏され、参拝に訪れる人々に心の安らぎを与えています。

パイプオルガン

菩提樹の彫金
大聖堂の聖壇上部には彫金の大菩提樹と立正佼成会の紋章が飾られています。これは文化勲章を受章した帖佐美行師の作品で、高さ5メートル、幅15メートル、重さは1トンにもおよびます。釈尊は菩提樹の下で悟りを開いたと言われています。会の紋章が一緒に置かれているのは釈尊の教えを基盤とした教団であることを表しています。

菩提樹の彫金