青梅練成道場の目指すもの

HOME  >  本部ガイド   >  青梅練成道場   >  青梅練成道場の目指すもの

青梅練成道場

「現代は心の時代」といわれるようになり久しくなりますが、なおも争い・貧困・屈辱・差別など、人間の心の問題を原因とした社会問題や、地球的な規模での環境問題の発生が後を絶ちません。
このような時代においてこそ、「心の時代」を意識し、人間一人ひとりの心を開発し、精神性の豊かな人を育み、そのことによって明るく温かい社会と平和な世界をつくりだすことが求められるのではないかと思います。
私たちは、こうした視点から道場開設以来、会員を中心とした各種研修の実施、地域の健全な青少年の育成につとめてまいりました。

時代は21世紀に入りました。私たちは、立正佼成会の創立の理念と、青梅練成道場のもつ役割と使命を再認識し、新たな展開をめざしてゆきたいと考えております。
その一環として、青梅練成道場におきましては、仏教の究極の本義であります「いのちのつながり」を認識できるような場の創出、時代に合致した教育プログラムの開発などを行い、「心の時代」にふさわしい人づくりの場として、新しく生まれ変わりたいと思っております。
また、青梅練成道場が単に立正佼成会会員のための施設にとどまらず、よりいっそう地域に開かれた空間として、多くの人々が交流する場として機能することも願っております。