立正佼成会概要

教会での活動

参拝

教会(道場)には、基本的にいつでも参拝できます。 毎月1日と15日は「ご命日参拝」というみんなが集う日で、体験発表や講師の方のお話などがあります。その他にも「成道会」(じょうどうえ)など、代表的な仏教行事の日には式典が開かれます。東京杉並区にある本部大聖堂への参拝も行います。

法の仲間(サンガ)とともに基本信行

教会は毎日朝9時のご供養で始まり、法座や導き・手どりなどの法の研鑽をします。各教会には本部から配属された教会長がおり、志を同じくする法の仲間、サンガがいます。仏教の教えに感動したとしても、一人では迷ったり、くじけたりしてしまいがちですが、サンガと共に悩み、気づき、励まされることで、軌道修正でき、なりたい自分に向かってしっかり歩むことが出来るようになります。

平和活動

本会では、数多くの平和活動を行っています。「ユニセフ一食(いちじき)募金」では子どもや青年が中心になって街頭募金を行い、世界の困っている子どもたちに文具などを届ける「ゆめポッケ」は家族が一緒になり、世界のことを学びながら準備をします。

地域貢献

地域のお役に立つための活動も、仏教徒として大切な修行のひとつです。清掃奉仕やバザー、教会敷地を使用しての地域の催しの開催など、地域の方が喜んでくださることを伺い、やらせていただいております。