インフォメーション

HOME  >  インフォメーション

「憲法改正」に対する本会の見解


立正佼成会は11月11日、『「憲法改正」に対する見解~憲法の「平和主義」を人類の宝に~』を発表しました。この「見解書」は、各政党から示された「憲法改正」草案や大綱の中に、従来の平和主義に基づく国のあり方を大きく変える内容が含まれていることを受け、作成されたものです。憲法に対する本会のこれまでの考えを基に本部担当部署で議論を重ね、理事会の審議を経て決定されました。現憲法の前文と第9条は「単なる理想」ではなく、公正な世界を実現する現実的な手段であり、「人類の宝」にしていくことを訴えています。

 

本会は1988年に渉外部(当時)によってまとめられた『平和大国への道』を発刊し、憲法に対する教団見解を表明しました。また、「憲法改正」論議が高まりを見せた2005年には、『「憲法改正」に対する基本姿勢』を発表。対立と戦火の絶えない現在の国際社会にこそ、現憲法の理念が必要との姿勢を示しました。
一方、政界では現在、与野党を問わず各政党から現憲法に対する考え方が示され、複数の党からは「改正」の草案や大綱が発表されています。その中には現憲法の前文を改定するとともに、「武力の保持」「国防軍・自衛軍の創設」「集団的自衛権の行使」といった意味合いの文言が明記され、国のあり方を根本から変える内容になっています。
こうした状況を踏まえ、教団では外務部と中央学術研究所が中心となり、憲法に対する本会のこれまでの考えを基に、各党から表明されている「改正案」を検討。さらに、日本や世界の歴史を振り返り、仏教的観点から改めて国や世界の進むべき方向について議論を重ねました。その後、理事会での審議を経て、11月11日に今回の「見解書」が発表されました。
見解書では、第二次世界大戦の悲惨な経験を歴史的教訓として、現憲法が制定された経緯を指摘。この理念のもと、自国の利益にとどまらず、人道的立場から世界全体の幸せを追求することによって国際社会で名誉ある地位を占めたいとしてきた国の姿勢を説明しました。
その上で、仏教的観点から、民族や国家、文化や宗教の違いを認めつつ、すべての人類を「兄弟姉妹」として見つめていくことが世界の平和には不可欠と強調。憲法を改定して、軍事力とその行使権を拡大していくことは、国同士の関係に不信感をもたらし、新たな対立の火種を生む危険性があると懸念を表しました。
さらに、戦争の原因となる偏見や不信の解消、貧困や人権侵害、環境破壊といった問題の解決こそが平和な世界の実現につながるとして、現憲法の前文と9条は「全人類の願いであり、日本の誇り」と表明。公正な世界を築く現実的手段として現憲法の平和主義を世界に広めていくよう訴えました。

「憲法改正」に対する見解~憲法の「平和主義」を人類の宝に~

『「憲法改正」に対する見解』発表の経緯 外務部長 根本 昌廣

(2012.11.16記載)