今日のことば

HOME > 今日のことば

/  

鬼の心と仏の心

私たちの心の中には鬼の心も仏の心もあって、うっかりしていると、すぐに鬼の心に引きずられてしまうのです。

鬼の心というのは、よいことをしなければと思いながら、つい怠け心のほうに引きずられてしまう心です。また、人のことをうらやんだり、ねたんだりする心も、それです。悪いことや嫌なことは、みんなまわりのせいにして、人を責めたり憎んだりするのも鬼の心です。

それでいつもカッカしているから、頭に角がニョキニョキと生えてくるわけです。心が顔に表われてしまうのです。この鬼の心が疫病神で、その自分の心が不幸を呼び寄せてしまいます。鬼は外にいるのではなくて、自分の心の中に住みついているのですね。それを追いだしてしまわなくてはなりません。

どうしたら自分の心の中の鬼を追いだせるのか。まず、人を見たら、いつもニッコリと笑うこと、つまり、どんな人にも笑顔で対せるようにと心がけて、それを習慣にしてしまうのです。そして、いつも人さまの身になって考えることです。

そう心がけていると、いつのまにか角が消えて、仏さまのような柔和な顔になってくるのです。

庭野日敬著『開祖随感』より