活動紹介

HOME  >  活動紹介

バックナンバー

2017年08月03日

全国で夏の少年・学生部活動が活発に

夏休みに入り、今年も全国の教会では少年・学生部活動が活発に行われている。子供たちは、野外キャンプや仲間づくり、親子の触れ合い、平和学習などを通して、思う存分夏を満喫している。

2017年08月03日

庭野光祥次代会長、館山教会「コミュニケーション研究会」で意見交換

『世代を超えたウェルカム感』をテーマに、「青壮年のためのコミュニケーション研究会」が7月16、17の両日、館山教会道場で開催され、同教会の青・壮年部員10人が参加した。17日には、庭野光祥次代会長が出席、中村記子習学部部長が同席した。

2017年08月03日

庭野光祥次代会長、ウランバートル支部を訪問

世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)の国際共同議長としてモンゴルを訪れていた庭野光祥次代会長は7月27日午後、本会ウランバートル支部を訪れた。水谷庄宏国際伝道部部長と、約100人の会員が迎えた。

2017年08月03日

「壮年本部参拝」第2回を実施

壮年本部参拝(全3回実施)の第2回が7月22、23の両日に行われ、60教会から約1500人が参加した。

2017年07月20日

庭野平和財団 平成29年度活動助成先(前期)を発表 8団体に計497万円を支援

庭野平和財団はこのほど、平成29年度前期の活動助成先を発表した。国内外から413件の申請があり、審査の結果、8団体に計497万1488円(1ドル=112円換算)の支援が決まった。
同助成は、宗教的精神を基盤に平和・共生社会の実現に取り組む個人や団体を支援するもの。教育や開発協力、人権擁護などの社会活動のほか、「地域で展開される草の根活動」が助成の対象となる。実施は年2回。助成金は、「一食(いちじき)を捧げる運動」の浄財が充てられている。

2017年07月20日

第8期国際伝道部リーダー教育で川端理事長が特別講義

本部施設や新潟・十日町市菅沼などで行われる「第8期国際伝道部リーダー教育(2017)」が7月10日に始まり、海外6カ国7拠点から15人が受講している。
同教育では、2年間のプログラムを通じて本会の教義や儀礼儀式、組織運営などを学び、海外拠点のリーダーとしての資質向上を図る。1年目の今回は22日まで、法華経の研修をはじめ、日本の教会で布教活動に取り組む「教会実習」や、庭野日敬開祖の生誕地である菅沼を訪れ、庭野開祖の人間性や信仰心を育んだ環境に触れる追体験プログラムなどが行われる。

2017年07月14日

九州北部豪雨 福岡、大分両県に深い爪痕 各教会の被害状況を確認

7月に入り、九州北部では台風3号や記録的な集中豪雨が続いた。活発な梅雨前線が停滞した影響で、5日には大雨により福岡、大分の県内各地で土砂崩れや河川氾濫が発生。近隣住民に被害が及び避難を強いられた。こうした事態を受け、教団本部や被災地域を包括する各教会は被害状況を確認するため、会員の情報収集にあたった。また被害の大きかった久留米教会に本部スタッフを派遣した。8日には、被災会員に向けて、庭野日鑛会長が『被災地の皆さまへ』と題した談話を発表した。

2017年07月06日

川内教会菅沼生誕地団参 160人が信仰深める

川内教会は6月25日から27日まで、新潟・十日町市菅沼の生誕地道場で「開祖さまの足跡を学ぶ 菅沼生誕地団参」を実施し、会員160人が参加した。同団参は、庭野日敬開祖の生誕地・菅沼で、庭野開祖を育んだ大自然を体感し、自身の信仰を深めることを目的に行われた。

2017年07月06日

「光祥さまとの結縁の集い」芳澍生に向け法座で激励

芳澍女学院情報国際専門学校の「光祥さまとの結縁(けちえん)の集い」が6月26日、同校コスモスホールで開催され、学生42人が参加した。

2017年06月29日

第36回教師授与式 庭野日鑛会長が法話 日々の精進促す

「第36回教師授与式」が6月24、25の両日、大聖堂で行われ、会員380人が新たに「教師」資格を拝受した。
 

2017年06月29日

青年男女青梅セミナー 「縁起」について学び合う

「青年男女青梅セミナー」(青年ネットワークグループ主管)が6月24、25の両日、青梅練成道場で行われ、全国から青年男子・女子部員140人が参加した。同セミナーは、仏教真理を学び、自己のいのちの尊さ、有り難さに目覚め、日常生活の中で教えを実践できる青年部員の育成を目的としている。

2017年06月29日

佼成学園女子高ハンドボール部全国大会優勝祝賀会 庭野日鑛会長が健闘讃える

「平成28年度第40回全国高等学校ハンドボール選抜大会優勝祝賀会」が6月25日、庭野日鑛会長出席のもと佼成学園女子中学・高校講堂で開かれた。ハンドボール部の選手32人をはじめ、保護者、教職員ら140人が参集。健闘を讃えた。

2017年06月22日

特集 防災意識を高めよう

東日本大震災から6年余り、熊本地震から1年2カ月が経ち、改めて地震や豪雨など自然災害への対策・準備が全国で進められている。各教会の主な取り組みを紹介する。

 

2017年06月15日

佼成学園女子高ハンドボール部が関東大会準優勝

佼成学園女子高校ハンドボール部は、6月2日から5日まで群馬・富岡市の市民体育館などで開催された「第63回関東高等学校ハンドボール選手権大会」に出場した。決勝戦で茨城県立水海道第二高校に敗れ、準優勝の成績を収めた。

2017年06月08日

耳の聞こえない人・聞こえにくい人の参拝(第15回アイラブ団参)

『教えを求めて踏みだそう 自分からの一歩!』をテーマに「耳の聞こえない人・聞こえにくい人の参拝(第15回アイラブ団参)」(同実行委員会主催)が6月3、4の両日、本部施設で開催され、聴覚に障がいのある会員をはじめ、手話通訳ボランティアなど、全国から66人が参加した。

2017年06月08日

「普門メディアセンター」入仏式 結縁の悦び 世界に発信

「普門メディアセンター」の入仏式が5月30日、庭野日鑛会長臨席のもと行われ、川端健之理事長、教団役職者、株式会社佼成出版社、立花産業株式会社の役員はじめ教団職員、社員ら約350人が参列した。

2017年06月01日

第20回勧請式

第20回勧請式が5月28日、大聖堂で行われ、布教拠点7カ所と国内外の会員に対して計741体のご本尊が授与された。

2017年05月25日

「壮年本部参拝」(第1回)を開催

壮年本部参拝(全3回)の第1回が5月20、21の両日に行われ、58教会から約1200人が参加した。21日、大聖堂での式典では、中央学術研究所の川本貢市所長導師による読経供養に続き、庭野日鑛会長があいさつに立った。

2017年05月18日

大阪普門館落成40周年記念式典

大阪普門館落成40周年記念式典が5月14日、同普門館で行われ、会員ら2247人が参集した。式典では、少年部員48人による奉献の儀、松本貢一近畿支教区長(大阪教会長)導師による読経供養に続き、会員代表(76)が体験説法。「母の実践する姿を通して佼成会の教えに触れ、その尊さを実感することができた」と語った。

2017年05月18日

愛知支教区少年部本部参拝で庭野光祥次代会長があいさつ

『あかるく・いのち輝け・ちいさな開祖さま』をテーマに5月13、14の両日、少年部本部参拝を実施し、274人が参加した。