活動紹介

HOME  >  活動紹介  >  佼成学園女子高ハンドボール部 インターハイで3位

バックナンバー

佼成学園女子高ハンドボール部 インターハイで3位


大阪・堺市で行われた「平成27年度全国高等学校総合体育大会ハンドボール競技大会高松宮記念杯第66回全日本高等学校ハンドボール選手権大会」に東京都代表として出場した佼成学園女子高等学校ハンドボール部は8月6日、同市の金岡公園体育館で準決勝に臨み、四天王寺高等学校(大阪府代表)に26対28で敗れました。3位の成績で大会を終えました。

大会連覇を目指す佼成学園女子高は、序盤の連続失点が響き、前半を9対12で終了。後半は持ち前の素早いパスプレーが決まり、一進一退の白熱した展開で、同点のまま延長戦へ突入しました。しかし、延長後半に勝ち越し点を許し、反撃も及ばず2点差で敗れました。
試合後、石川浩和監督は「勝機はありましたが、接戦を制した相手チームの方が一枚上手でした。選手たちはよく頑張ってくれました」と語りました。