活動紹介

HOME  >  活動紹介  >  佼成学園女子高ハンドボール部全国大会優勝祝賀会 庭野日鑛会長が健闘讃える

バックナンバー

佼成学園女子高ハンドボール部全国大会優勝祝賀会 庭野日鑛会長が健闘讃える


「平成28年度第40回全国高等学校ハンドボール選抜大会優勝祝賀会」が6月25日、庭野日鑛会長出席のもと佼成学園女子中学・高校講堂で開かれた。ハンドボール部の選手32人をはじめ、保護者、教職員ら140人が参集。健闘を讃えた。

同部は、地方予選(全国42校)を勝ち上がり、今年3月、3年ぶり3回目の優勝を手にした。
祝賀会は、椎名啓至佼成学園理事長のあいさつに続き、庭野会長が登壇。選手たちの優勝を祝福した後、「人には違った個性があり、それぞれに尊いということでありますから、ハンドボール部の皆さんも一人ひとりが素晴らしい存在なのです。部活動を通して人間性を磨き、今後も勝利できるよう努力して頂きたいと思います」と激励した。
この後、選手たちは、日頃の練習風景を寸劇で披露し、会場を和ませた。
同部は、今年開かれる「平成29年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)」、国民体育大会での3連覇が期待される。