活動紹介

HOME  >  活動紹介  >  川内教会菅沼生誕地団参 160人が信仰深める

バックナンバー

川内教会菅沼生誕地団参 160人が信仰深める

川内教会は6月25日から27日まで、新潟・十日町市菅沼の生誕地道場で「開祖さまの足跡を学ぶ 菅沼生誕地団参」を実施し、会員160人が参加した。同団参は、庭野日敬開祖の生誕地・菅沼で、庭野開祖を育んだ大自然を体感し、自身の信仰を深めることを目的に行われた。

26日には、庭野開祖ご生家当主の庭野欣三氏が講演に立ち、菅沼で庭野開祖と過ごした当時の生活の様子や心境などを語った。この後、参加者は7班に分かれて「菅沼めぐり」に出発。諏訪神社、大日如来、旧大池小学校など庭野開祖ゆかりの地を巡った。翌27日には、大聖堂、一乗宝塔を参拝し、開祖記念館を見学した。