活動紹介

HOME  >  活動紹介  >  千葉教会平和憲法学習会 長谷部早大教授が講演

バックナンバー

千葉教会平和憲法学習会 長谷部早大教授が講演


衆議院が解散され、「憲法改正」が争点の一つに挙げられる中、日本国憲法の意義を改めて学ぶため、千葉教会で9月30日、「平和憲法学習会――未来につなごう平和憲法」が行われた。当日は、長谷部恭男早稲田大学教授が『立憲主義と憲法改正論議』をテーマに講演。会員をはじめ、国会議員、地方議員20人を含む550人が参加した。

同教会ではこれまで、壮年部や青年部のリーダーらを中心に、憲法学習会を実施してきた。講演の中で長谷部氏は、立憲主義に触れ、政治権力を制限するという広義と、「近代立憲主義」といわれる狭義の違いを説明。近代立憲主義は、より民主的な社会をつくるため、市民の多様な価値観を尊重することが前提になっていると解説した。
その上で、「憲法改正」をめぐる論点である9条への自衛隊明記に言及。これまで未記載ではあるものの、その存在は合憲とされており、記載することで自衛隊の存在、その活動内容と範囲を国民に説明する政府の責任(立証責任)が果たされなくなるとの問題点を示した。このほか、「緊急事態条項」や高等教育の無償化などについて解説した。
講演終了後、教会代表者と議員合わせて90人が、「憲法改正」の論点について活発にグループ討議。長谷部氏との質疑応答の場が持たれ、憲法に対する理解を深めた。
参加した支部壮年部長(58)は、「さまざまな価値観を認めるという近代立憲主義の精神は、法華経に通じるものだと感じました。今後も継続して学び、平和憲法の大切さを家庭や地域で伝え、選挙にも臨みたい」と語った。