活動紹介

HOME  >  活動紹介  >  佼成学園幼稚園の園児が大聖堂を訪問

バックナンバー

佼成学園幼稚園の園児が大聖堂を訪問


佼成学園幼稚園(東京・世田谷区)を今春卒園する年長組の園児142人が16日、大聖堂を訪れた。同園の「大聖堂参拝」は、卒園を控えた園児を対象に毎年行われている。

4階ホールで園児を迎えた椎名啓至佼成学園理事長は、ご本尊について説明し、「いつでも、どこでも、苦しんでいる人や悲しんでいる人がいれば駆け付けられるように仏さまは立っています。皆さんも、仏さまと同じようにやさしい心を持っているんですよ」と語った。
この後、園児たちは青年ネットワークグループのスタッフによる紙芝居『ママよろこぶかな?』を通し、思いやりの大切さを学んだ。
なお、18日には、府中佼成幼稚園(東京・府中市)の園児が大聖堂を訪れた。