ニュース

HOME  >  ニュース  >  山野井理事長がジュネーブでヨルダンのハッサン王子と懇談

バックナンバー

2004年5月17日

山野井理事長がジュネーブでヨルダンのハッサン王子と懇談

「子どものための宗教者ネットワーク」第2回フォーラムに参加するためスイス・ジュネーブ入りしたヨルダンのエル・ハッサン・ビン・タラール王子と山野井克典理事長が5月17日、会場のホテル内で懇談しました。


席上、ハッサン王子は、イラクを訪問して、国内の対立と分裂の傾向を止めたいとする意向を表明。その理由を話す中で「行かなければ、私の信念に反する。死ぬことは惜しくない」と静かに心情を吐露しました。
このあと懇談は、2006年に京都で行われるWCRPⅧ(第8回世界宗教者平和会議)、世界の安全などに及びました。

(2004.06.04記載)