ニュース

HOME  >  ニュース

バックナンバー

2015年01月30日

フィリピン・ミンダナオ島へ出発 親子で取り組む「ゆめポッケ」輸送第1便

「親子で取り組むゆめポッケ」(青年グループ、社会貢献グループ主管)の活動で全国から寄せられたゆめポッケの輸送第1便が1月30日、東京港からフィリピン・ミンダナオ島に向けて出発しました。今後も順次、配付地域に届けられます。

2015年01月29日

WCRP日本委 人事を審議 新事務局長に国富氏(本会理事)

1月29日に立正佼成会法輪閣第1会議室で開催された「公益財団法人WCRP(世界宗教者平和会議)日本委員会第12回理事会・第8回評議員会議案説明会」の席上、同日本委の人事に関する審議が行われ、事務局長に新たに国富敬二本会理事(杉並教会長・写真)が就任しました。

2015年01月29日

WCRP日本委 第12回理事会・第8回評議員会議案説明会 事業方針など検討し了承 戦後70年 平和への行動さらに

公益財団法人WCRP(世界宗教者平和会議)日本委員会の「第12回理事会・第8回評議員会議案説明会」が1月29日、法輪閣第1会議室で開催されました。立正佼成会から同委員会会長(評議員会議長)の庭野日鑛会長、同委理事の川端健之理事長、国富敬二杉並教会長が出席しました。

2015年01月29日

KCRP事務総長、事務次長が来会 日韓の関係強化に期待 庭野会長と懇談

庭野会長=WCRP日本委員会会長=は1月29日午前、KCRPのキム・クワンジン事務総長(大韓聖公会教務院長)、キム・テソン事務次長(圓佛教)の来訪を受け、法輪閣で懇談しました。杉谷義純WCRP日本委理事長、畠山友利ACRP事務総長、神谷昌道同事務局スタッフ(本会主幹)と共に、立正佼成会から、川端理事長、根本昌廣外務部長、国富敬二杉並教会長が同席しました。

2015年01月29日

『アジアにおけるミレニアム開発目標達成と今後の課題』 貧困や差別のない世界に WCRP日本委 「新春学習会」開く

『アジアにおけるミレニアム開発目標の達成と今後の課題~日本の宗教者の取り組み~』をテーマに、WCRP(世界宗教者平和会議)日本委員会の「新春学習会」が1月29日、法輪閣第5会議室で開催され、約200人が参加しました。

2015年01月27日

川端理事長 池上本門寺、川崎大師へ 宗教対話の取り組み語り合う

川端理事長は1月27日午前、東京・大田区の日蓮宗大本山池上本門寺を訪れ、酒井日慈貫首、野坂法雄執事長と懇談しました。赤川惠一外務グループ次長が同行しました。席上、新年の賀詞を交換したあと、今年、戦後70年を迎えたことや、立正佼成会大田教会が毎年、同寺のお会式に参加していることなどについて語り合いました。

2015年01月24日

関口・十日町市長が来会 庭野会長と懇談

庭野会長は1月24日午前、新潟・十日町市の関口芳史市長の訪問を受け、法輪閣で懇談しました。十日町市観光協会の村山義政会長、同市産業観光部の渡辺正範部長、立正佼成会から秀島康郎教務部長、岩元良彰十日町教会長が同席しました。

2015年01月24日

教育者教育研究所 「全国教育者研究大会(東京会場)」 心を耕す教育者をめざして 内山氏(青山学院大教授陸上部部長)が講演

教育者教育研究所主催の「全国教育者研究大会(東京会場)」が『心を耕す教育者をめざして』をテーマに1月24、25の両日、法輪閣で開催され、東日本地域の保育士、教諭ら400人が参加しました。

2015年01月22日

時事問題など意見交換 川端理事長 京都の諸宗教者と懇談

川端健之理事長は1月22日午後、京都市下京区の浄土真宗本願寺派宗務所を訪れ、石上智康総長と面会しました。佐藤益弘西日本教区長、赤川惠一外務グループ次長が同行しました。席上、新年のあいさつを交わしたあと、宗教界はじめ社会を取り巻く諸問題について語り合いました。

2015年01月22日

第67回「同宗連」研修会 鎌倉でフィールドワークなど実施

「同宗連」(『同和問題』にとりくむ宗教教団連帯会議)の「第67回『同宗連』研修会」が1月22、23の両日、神奈川・鎌倉市の臨済宗円覚寺派宗務本所などを会場に行われました。立正佼成会を含む18教団2団体から53人が参加しました。今回は、『鎌倉の部落史について』をテーマに行われました。

2015年01月20日

寒修行始まる 大聖堂はじめ全国各教会で 今年の誓願 新たに

『法華三部経』全巻を通読し新年の心構えをつくる「寒中読誦(どくじゅ)修行」(寒修行)が、一年で最も寒さの厳しい時期とされる「大寒」の1月20日、大聖堂はじめ全国の教会道場や法座所、会員宅などで始まりました。

2015年01月17日

近畿支教区 「阪神・淡路大震災20年慰霊式典」 光祥次代会長が臨席 神戸教会 鎮魂の祈り捧げ 誓い新た

阪神・淡路大震災から20年を迎えた1月17日、犠牲者に慰霊の誠を捧げる近畿支教区の「阪神・淡路大震災20年慰霊式典」が神戸教会道場で営まれ、庭野光祥次代会長が臨席しました。神戸教会をはじめ11教会から1984人が参集。光祥次代会長は講話の中で、温かい触れ合いを重ね、心をととのえることが、どんな時でも自分を支える力になると述べました。根本昌廣外務部長が随行しました。

2015年01月17日

新宗連青年会 第3回青少年育成セミナー

新宗連青年会(新日本宗教青年会連盟)主催による第3回「青少年育成セミナー」が1月17、18の両日、兵庫・神戸市内のホテルで開催され、22人が参加しました。

2015年01月17日

TKWO「第122回定期演奏会」

東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)の「第122回定期演奏会」が1月17日、東京・豊島区の東京芸術劇場で行われ、約千人が来場しました。指揮は首席客演指揮者のトーマス・ザンデルリンク氏。

2015年01月14日

小堀師(比叡山延暦寺執行)と懇談 川端理事長 一年の心構え語る

天台宗総本山・比叡山延暦寺(滋賀・大津市)の小堀光實執行(延暦寺一山寂光院住職)が1月14日午後、立正佼成会を訪れ、事務庁舎特別応接室で川端理事長と懇談しました。延暦寺内局からは獅子王圓明総務部長(副執行)が同行、本会から中村憲一郎総務局長が同席しました。

2015年01月14日

望月師(七面山敬慎院別当)が来会 川端理事長と懇談

川端健之理事長は1月14日午前、七面山敬慎院(山梨・南巨摩郡身延町)の望月浄教別当の来訪を受け、事務庁舎特別応接室で懇談しました。赤川惠一外務グループ次長が同席しました。

2015年01月13日

京都、東京の諸宗教者に面会 川端理事長 新年を寿ぎ 意見交換

川端理事長は1月13日午前、京都市東山区の浄土宗宗務庁を訪れ、豊岡鐐尓宗務総長、淺野義光総長公室長、山北光彦人権同和室長と懇談しました。佐藤益弘西日本教区長が同行しました。懇談では新年の賀詞が交換されました。

2015年01月13日

身延山久遠寺で「御年頭会法要」 中村総務局長らが参列

山梨・南巨摩郡身延町の日蓮宗総本山・身延山久遠寺で1月13日、年始の祝賀慶事「御年頭会法要」が行われ、日蓮宗の僧侶、檀信徒らが集い、立正佼成会から中村憲一郎総務局長、吉田高聡甲信支教区長、小野田雅一鰍沢教会長、赤川惠一外務グループ次長が参列しました。

2015年01月11日

ゆめポッケ親子ボランティア隊 事前学習会

「ゆめポッケ親子ボランティア隊」(3月26日~4月3日、フィリピン・ミンダナオ島、隊長=峯坂光重青年グループ次長)の事前学習会が1月11、12の両日、第二団参会館で行われました。8組16人の親子を含む23人が参加しました。

2015年01月08日

髙城少宮司と新年のあいさつ 川端理事長 伊勢神宮へ

川端理事長は1月8、9の両日、三重・伊勢市の伊勢神宮に参拝しました。板澤克枝松阪教会長、赤川惠一外務グループ次長が同行しました。

2015年01月07日

決意新たに「御親教」式典 互いに尊び合い、調和の世界を 庭野会長 合掌礼拝の精神示す

年頭にあたり、庭野日鑛会長から指導を受け、会員それぞれが一年の誓願を新たにする「御親教」式典が1月7日、大聖堂はじめ全国各教会で行われました。「御親教」に立った庭野会長は、『燈明』『不軽(ふきょう)』の二幅の書き初めを披露。自らを灯明とし、また法を灯明として常不軽菩薩の合掌礼拝(らいはい)の精神を生活の中で実践していく大切さを示しました。また、今年は第二次世界大戦の終結から70年を迎えることに触れ、互いに敬い、礼儀を尽くす中にこそ平和な国家が築かれると述べました。大聖堂には会員約3500人が参集。正面玄関では、七草粥(ななくさがゆ)が振る舞われました。なお、式典の模様は、インターネットを通じて国内の教会、拠点に手話通訳付きで配信されました。

2015年01月01日

川端理事長 大宮八幡宮に参拝 神仏に感謝の祈り捧ぐ 鎌田宮司と懇談し正式参拝の儀

川端健之理事長は1月1日午前、東京・杉並区の大宮八幡宮に参拝しました。同宮は本部周辺の氏神にあたる。園浩一参務、中村憲一郎総務局長ら教団役職者6人が同行しました。

2015年01月01日

心清らか 「元旦参り」 庭野会長が「新年のお言葉」

新たな年を迎えた1月1日朝、平成27年次「元旦参り」が大聖堂はじめ全国各教会で行われました。