ニュース

HOME  >  ニュース

バックナンバー

2015年04月30日

ネパール大地震 一食平和基金から600万円を緊急支援 現地で救援活動を行う国連機関に寄託

立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会(委員長=沼田雄司教務局長)は4月30日、ネパールを震源地として25日に発生した大地震(マグニチュード7.8)の被害に対し、合計600万円の緊急支援を決定しました。現地で救援活動を行う国連WFP(国連世界食糧計画)と、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)にそれぞれ300万円の浄財が寄託されます。

2015年04月28日

バチカンでの気候変動に関する会合で庭野光祥次代会長がスピーチ

バチカン科学アカデミーと同社会科学アカデミー、国連、WCRP国際委員会は4月28日、バチカンで『地球保護、人間の尊厳――気候変動の道徳的側面と持続可能な開発』と題するハイレベル会合を共催しました。政治、宗教、科学、ビジネス、外交など各分野の世界的な指導者約60人が参加。立正佼成会からWCRP国際委共同議長の庭野光祥次代会長が出席し、根本昌廣外務部長が随行しました。

2015年04月28日

モンゴル国立医学大学と調印 立正佼成会モンゴル看護師育成支援事業の「サンドイッチプログラム」

モンゴルの医療発展に貢献することを目的に、看護師を志す留学生を立正佼成会が受け入れ、育成する「立正佼成会 モンゴル看護師育成支援プロジェクト」(2009年に合意)の一環として新設された「サンドイッチプログラム」の調印式が4月28日、プロジェクトのパートナーであるウランバートルのモンゴル国立医学大学で行われました。

2015年04月27日

半田天台座主「白寿祝賀会」 諸宗教対話推進のお手本 庭野会長 国内外での親交を紹介し祝辞

半田孝淳・第二百五十六世天台座主の「白寿祝賀会」が4月27日、京都市内のホテルで開かれ、庭野日鑛会長が佳重夫人と共に出席しました。

2015年04月27日

下鴨神社「式年遷宮」 遷座祭と奉幣祭に佐藤西日本教区長ら出席

京都市にある賀茂御祖神社(下鴨神社、新木直人宮司)で4月27、28の両日、「第三十四回式年遷宮」の遷座祭、奉幣(ほうべい)祭がそれぞれ営まれ、佐藤益弘西日本教区長、赤川惠一外務グループ次長が参列しました。

2015年04月26日

TKWO 須川展也氏を迎え第123回定期演奏会

東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)の「第123回定期演奏会」が4月26日、東京・豊島区の東京芸術劇場で行われ、約940人が来場しました。TKWO正指揮者の大井剛史氏が指揮を務めました。

2015年04月25日

「一乗ボランティア 一食40周年マラウイ視察団」の一行が毛布配付

「一乗ボランティア 一食40周年マラウイ視察団」(団長=秀島康郎教務部長、主管=青年グループ・社会貢献グループ)の一行31人が、4月25日から5月5日までマラウイを訪れました。

2015年04月25日

フォコラーレ大志・交流使節団がインドへ

「第8回フォコラーレ大志・交流使節団」(主管=青年グループ)が4月25日から5月5日までインドに派遣され、学林本科生ら3人が参加しました。

2015年04月25日

教育者教育研究所 スクールリーダー講座 現役の管理職、教員が学び合う

教育者教育研究所の「元気がでる スクールリーダー講座」が4月25、26の両日、事務庁舎で開催され、現役の学校管理職、管理職を目指す教員など15人が参加しました。

2015年04月21日

「核兵器廃絶・軍縮合同会合」 共に平和の道 探る 国会議員宗教者 WCRP日本委、PNND日本

WCRP(世界宗教者平和会議)日本委員会とPNND(核軍縮・不拡散議員連盟)日本による「核兵器廃絶・軍縮合同会合」が4月21日、東京・永田町の参議院議員会館で行われました。

2015年04月17日

「同宗連」第35回総会 新議長教団に天台宗を選出

「同宗連(『同和問題』にとりくむ宗教教団連帯会議)」の「第35回総会」が4月17日、滋賀・大津市の天台宗務庁で行われました。加盟63教団(委任状提出教団含む)、10団体、協賛団体などから94人が参加。立正佼成会から、「同宗連」議長の根本昌廣外務部長が出席しました。

2015年04月13日

サンメッセ日南「第20回開園記念式典」 川端理事長 庭野開祖の言葉を朗読

宮崎・日南市にある一燈園の精神性を形にしたテーマパーク「サンメッセ日南」で4月13日、「第二十回開園記念式典」が開催され、地元識者や宗教者など約200人が参列しました。立正佼成会から川端健之理事長、佐藤益弘西日本教区長、松本貢一近畿支教区長、木塚せつこ宮崎教会長が出席しました。

2015年04月11日

佼成図書文書館「文化講演会」

佼成図書文書館の文化講演会が4月11日、同視聴覚ホールで開催されました。『仏教から学ぶ「正しさ」の意味』をテーマに元中央学術研究所所長の北貢一氏が講演。79人が参加しました。

2015年04月10日

本会一食平和基金 平成26年次運営報告 一乗精神に基づく共生の世界実現へ 「一食運動」の浄財 国内外の支援事業に総額2億6547万円

立正佼成会一食(いちじき)平和基金の平成26年次運営報告がこのほど、同基金運営委員会(委員長=沼田雄司教務局長)から発表されました。支援総額は2億6547万6719円。同基金運営委員会が策定した中期運営方針(平成25~29年)に基づき、「貧困(飢餓)の解消」「教育・人材育成」「緊急救援・復興支援」を重点分野とし、国内外のさまざまな支援事業に浄財が役立てられました。

2015年04月10日

5月30日 本会が公開シンポジウム テーマ『信頼に基づく共生社会を築 くために~集団的自衛権を考える』

『信頼に基づく共生社会を築くために~集団的自衛権を考える』をテーマに、立正佼成会主催による公開シンポジウムが5月30日にセレニティホールで開催されます。

2015年04月09日

平和のための共通ヴィジョン構築へ 「ムスリムと日本の宗教者との対話プログラム」 WCRP日本委、世界イスラーム連盟共催 庭野会長とアルトルキー事務総長が基調発題

『ムスリムと日本の宗教者との対話――平和のための共通ヴィジョンを求めて』を総合テーマに、WCRP(世界宗教者平和会議)日本委員会と世界イスラーム連盟(MWL、本部=サウジアラビア・マッカ)の共催による「ムスリムと日本の宗教者との対話プログラム」が4月9、10の両日、東京・港区のグランドハイアット東京で開催されました。MWLのメンバーと同委員会に加盟するイスラーム、キリスト教、仏教、神道などの宗教指導者、学者ら約300人が参加。立正佼成会から庭野日鑛会長(同委員会会長)、庭野光祥次代会長(同理事)、川端健之理事長(同理事)が出席しました。期間中、総合テーマを基に基調発題、セッションなどが行われ、最終日に共同声明文が採択されました。

2015年04月08日

いのちに感謝「降誕会」式典 庭野会長 互いに仏性礼拝を

釈尊の生誕を祝う「降誕会」式典が4月8日、大聖堂で行われ、国内、海外から会員約3700人が参集しました。法話に立った庭野日鑛会長は、釈尊の誕生偈(げ)と伝えられる「天上天下唯我独尊(げんじょうてんげゆいがどくそん) 三界皆苦吾当安之(さんがいかいくがとうあんし)」の意味合いに触れ、自他のいのちの尊さに気づき、相手の仏性を礼拝(らいはい)することで、この世を調和のとれた状態に保つことができると説きました。この日を中心に全国各教会でも式典が催されたほか、駅前や公園、商店街などに花御堂(はなみどう)を設置して「花まつり」を開催。市民に灌仏(かんぶつ)を呼びかけるとともに、釈尊誕生の意義やいのちの尊さなどを伝えました。

2015年04月08日

諸宗教対話の絆 より強く 庭野会長 世界イスラーム連盟アルトルキー事務総長と懇談

世界イスラーム連盟(MWL)のアブドッラー・ビン・アブドルムハセン・アルトルキー事務総長ら13人が4月8日、立正佼成会を訪れ、法輪閣で庭野日鑛会長と懇談しました。一行は、9、10の両日に開催された「ムスリムと日本の宗教者との対話プログラム」(WCRP=世界宗教者平和会議=日本委員会、MWLの共催)に先立ち来会したもの。

2015年04月08日

WCRP日本委「復興支援募金」 学林生が募金活動

4月8日の「降誕会」式典に合わせ、大聖堂と第二団参会館で学林生ら55人がWCRP(世界宗教者平和会議)日本委員会の「復興支援募金」を実施。募金箱を手に大聖堂正面玄関などに立ち、式典参加者に献金を呼びかけました。

2015年04月05日

日比友好を再確認 そして未来へ 「フレンドシップタワー建立40周年記念特使団」

4月5日から10日までフィリピンを訪れた「フレンドシップタワー建立40周年記念特使団」(名誉団長=庭野光祥次代会長、団長=泉田和市郎青年本部長)。1973年から4年にわたり実施された「青年の船」や、その後の「青年の翼」で同国を訪問したシニア層、また、近年、支教区などの海外研修で訪問歴のある青年部員など、幅広い世代から会員121人が参加しました。一行はバターン州でBCYCC(バターンキリスト教青年会)とフレンドシップタワー建立40周年記念式典を共催したほか、同メンバー宅でのホームステイ、日比文化交流会など、多くのプログラムに臨みました。それらの模様とともに、立正佼成会とフィリピンの人々とのこれまでの交流に関する現地関係者のコメントを紹介します。

2015年04月05日

佼成スカウト総会

佼成スカウト指導者協議会の平成27年次「総会」が4月5日、大聖ホールで開催され、団委員長ら15人が参加しました。

2015年04月03日

TKWO「吹奏楽大作戦2015」 プロの音楽家が指導、共演

東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)による吹奏楽ワークショップ「吹奏楽大作戦2015」が、4月3日から5日まで東京・豊島区の東京芸術劇場などで実施され、吹奏楽の愛好者ら87人が参加しました。

2015年04月02日

EMS職員学習会

教庁の役職者、職員を対象に「EMS(環境マネジメントシステム)職員学習会」が4月2日、法輪閣大ホールで行われ、約400人が参加しました。

2015年04月01日

『母と子の こころとからだに栄養を』テーマに 「一食ユニセフ募金」キャンペーン 共に生きる世界の実現 目指し始動

今年の「一食(いちじき)ユニセフ募金」キャンペーンが4月1日、スタートしました。同募金は通年で実施されるが、特に「青年の日」(5月17日)を中心とした4月1日から6月30日までの3カ月間はキャンペーン期間として推進します。
同募金は、ユニセフを通じて貧困や紛争に苦しむ世界の子どもたちを救うとともに、青年部員が自ら「わかちあい」の精神の実践と啓発に取り組むことによって、共に生きる世界の実現を目指すもの。

2015年04月01日

「アフリカへ毛布をおくる運動」スタート 愛を届けて31年目 4月1日から全国規模で

今年で31年目を迎える「アフリカへ毛布をおくる運動」(同運動推進委員会主催)のキャンペーン期間が、4月1日からスタートしました。