ニュース

HOME  >  ニュース

バックナンバー

2016年02月28日

日本臨床宗教師会設立記念シンポジウム 苦悩に向き合う心こそ

東日本大震災の発生後、被災地では家族や友人、生活を奪われて悲しみに暮れる被災者に対し、宗教者による心のケアが展開されてきました。布教を目的とせず、被災者の「死」に対する疑問や苦悩に真摯(しんし)に寄り添い、向き合う宗教者の姿に、生きる希望を見いだす被災者も少なくなかったといいます。
こうした経験を踏まえ、宗教的な心のケアを専門とする公共性を持った宗教者を育成しようと、2012年から東北大学で「臨床宗教師研修」が進められてきました。震災から5年となる今年、「臨床宗教師」の活動の普及と資格認定を目指す全国組織「日本臨床宗教師会」が設立されました。2月28日には、京都市の龍谷大学大宮キャンパスで設立記念シンポジウムが開催されました。

2016年02月28日

「日本臨床宗教師会」設立 記念シンポと発足式が開催される

宗教宗派の枠を超え、宗教者が協力して苦悩を抱える人々の悲しみに寄り添い、心のケアを行う「臨床宗教師」の全国組織「日本臨床宗教師会」が2月28日に設立され、京都市の龍谷大学で記念シンポジウムと発足式が開かれました。同会は臨床宗教師の普及とともに、将来的に資格認定を目指します。会長は宗教学者で上智大学グリーフケア研究所所長の島薗進氏。宗教者や宗門系諸大学の研究者らが顧問や理事を担います。なお、シンポジウムの開催と臨床宗教師養成には、庭野平和財団の支援が行われています。

2016年02月25日

光祥次代会長 タイを訪問 宗教指導者と交流

庭野光祥次代会長が2月25日から27日までタイで、同国の宗教指導者らと懇談しました。根本昌廣宗教協力特任主席が随行、WCRP(世界宗教者平和会議)日本委員会の和田めぐみ総務部長が同行しました。光祥次代会長は新宗連の「第25次アジア青年平和使節団」に参加するため、同国入りしていました。

2016年02月25日

10周年迎える開祖記念館 これまでの歩みと記念事業概要

庭野日敬開祖の生誕100年を記念して法輪閣に開設された開祖記念館が6月4日、10周年を迎えます。同記念館では、庭野開祖の人柄、功績、法華経の教えを伝えることを目的に、常設展示のほか企画展示、縁の深い識者ら教団内外から講師を招いての公開講座などを実施してきました。これまでの歩みと併せ、今年次の記念事業の概要を紹介します。

2016年02月23日

「親子で取り組むゆめポッケ」 2万2996個の真心が各配付先へ

「親子で取り組むゆめポッケ」(主管・青年ネットワークグループ)で、昨年、全国から寄せられたゆめポッケを積み込んだ船が2月23日、横浜港からレバノンとパレスチナ・ガザ地区に向けて出港したほか、同25日にはフィリピン・ミンダナオ島へ、28日にはアフガニスタンへ出港しました。

2016年02月23日

「第33回庭野平和賞」がスリランカの「和解と平和構築センター」に決定

公益財団法人・庭野平和財団(庭野日鑛名誉会長、庭野浩士理事長)は2月23日、京都市内のホテルで記者会見を開き、「第33回庭野平和賞」をスリランカの「和解と平和構築センター」(CPBR=Centre for Peace Building and Reconciliation)に贈ると発表しました。CPBRは、26年に及ぶ内戦とスマトラ沖大地震の津波災害に見舞われた同国で、民族や宗教、言語の違いを超えて対話を促進。傷ついた人々を支援し、社会の絆を回復する活動を各地で積極的に展開してきました。贈呈式は5月12日、東京・港区の国際文化会館で行われます。

2016年02月20日

『グローバル化の進展と日本の宗教』をテーマに国際宗教研究所主催シンポ

「増加する在留外国人や外国人観光客への日本宗教界の対応」を考えるシンポジウムが2月20日、大阪国際大学守口キャンパスで開催されました。主催したのは国際宗教研究所(所長・島薗進上智大学特任教授)でテーマは『グローバル化の進展と日本の宗教』。参加者は研究者や宗教者約70人で、立正佼成会からは中央学術研究所の川本貢市所長らが出席しました。
 

2016年02月20日

フォコラーレ運動によるフィリピンでの記念行事に本会代表が参加

フォコラーレ運動(カトリック在家運動体、本部=イタリア・ローマ)のアジア・オセアニア地域での布教が50周年を迎えたことを記念する行事「アジア・オセアニア地域における一致の輝き」が2月20、21の両日、フィリピン・タガイタイ市のテラ・モイで行われました。立正佼成会から庭野日鑛会長の名代として中村記子習学部部長が出席。アジアを中心に27カ国から同運動のメンバーや諸宗教者約1300人が参集しました。

2016年02月19日

一食平和基金運営委 中村副委員長が比・ミンドロ島を視察

フォコラーレ運動の記念行事出席のためフィリピン入りしていた立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会の中村記子副委員長は2月19日、フィリピン・ミンドロ島東ミンドロ州バコ村を訪問、同基金が今年1月に支援を行った台風被害の現場を視察しました。

2016年02月19日

新宗連 新宗連青年会 ミャンマー、タイへ「第25次アジア青年平和使節団」

新宗連(新日本宗教団体連合会)と新宗連青年会(新日本宗教青年会連盟)による「第25次アジア青年平和使節団」の一行が、2月19日から26日までミャンマーとタイを訪れ、第二次世界大戦の犠牲者への慰霊を行いました。7教団から17人が参加。立正佼成会から新宗連理事の庭野光祥次代会長、同評議員の根本昌廣宗教協力特任主席が参加しました。

2016年02月17日

新宗連「第28期第6回理事会」 各地で平和学習の実施を発表

新宗連(新日本宗教団体連合会)の「第28期第6回理事会」が2月17日、東京・新宿区の解脱会本部で開かれました。立正佼成会から新宗連常務理事の川端健之理事長、会計委員長の中村憲一郎常務理事らが出席しました。

2016年02月15日

大聖堂、全国各教会で「涅槃会」式典 「自灯明・法灯明」に基づく生き方を

釈尊の生涯を振り返り、入滅時に説いた「自灯明・法灯明」の意義をかみしめるとともに、布教伝道の決意を新たにする「涅槃会(ねはんえ)」式典が2月15日、大聖堂はじめ全国各教会で行われました。大聖堂の式典には約3200人の会員が参集。庭野光祥次代会長導師による読経供養の後、庭野日鑛会長が法話に立ち、仏の見方で人間の生死(しょうじ)を把握した上で、自らを灯明とし、法に基づいた生き方を追求し、世界全体が平和になっていくような一人ひとりになることの大切さを説きました。

2016年02月13日

TKWO第127回定期演奏会 中橋愛生氏作曲の委嘱作品を初演

東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)の「第127回定期演奏会」が2月13日、東京・豊島区の東京芸術劇場で行われました。テーマは『現在と古典』。正指揮者の大井剛史氏が指揮を務めました。

2016年02月12日

一食平和基金 平成28年次の運営計画を発表 国内外の事業に3億1720万円

立正佼成会一食(いちじき)平和基金運営委員会(委員長=根本昌廣宗教協力特任主席)はこのほど、平成28年次の同基金運営計画を発表しました。「貧困(飢餓)の解消」「教育・人材育成」「緊急救援・復興支援」の重点項目をはじめ10分野の事業に充てられる予算総額は3億1720万6000円。中期運営方針(平成25〜29年)に掲げられた「一乗精神に基づく共生の世界実現」を目指すため、NGOなど多くの団体と協働でさまざまな活動が展開されます。

2016年02月12日

北東アジア非核兵器地帯設立に向け宗教者が声明

「核兵器のない世界」の実現に向け、北東アジアの非核兵器地帯化を求める声明『私たち日本の宗教者は、日本が「核の傘」依存を止め、北東アジア非核兵器地帯の設立に向かうことを求めます』が2月12日、キリスト教や仏教など4人の宗教指導者の呼びかけで発表されました。さらに、同声明への賛同を広く宗教界に呼びかける「『北東アジア非核兵器地帯宗教者声明』キャンペーン」(協賛・WCRP=世界宗教者平和会議=日本委員会)が同時にスタートしました。

2016年02月12日

教団本部 本会独自の環境マネジメントシステム構築、導入へ

立正佼成会本部は、昨年11月に開かれた第18回理事会で、国際標準化機構の定める「ISO14001」の認証登録を2月以降、継続しない方針を決めました。今後は、環境マネジメントシステム(EMS)の取り組みを継続しながら、本会独自の環境マネジメントシステム(Rems)の構築、導入を目指していきます。

2016年02月08日

金光教学院の学院生一行 他教団研修で松江教会訪問

金光教の教師養成機関「金光教学院」(岡山・浅口市)の学院生、職員合わせて39人が2月8日、「他教団研修」として立正佼成会松江教会を訪れました。

2016年02月07日

「聖壇作法教会指導員養成講座」開講式 尊敬、礼拝の心でお役を

平成28年次「聖壇作法教会指導員養成講座」の開講式が2月7日、大聖堂で行われ、平成28~29年次受講者と同26~27年次修了者、聖壇組長、聖壇役員ら約450人が参加しました。

2016年02月07日

「特別交通」を対象に奉仕者の集い 人に喜ばれる尊さかみしめ

大聖堂式典など会員が立正佼成会本部に参集する際に、車両の誘導を担う「特別交通」の奉仕者を対象にした「奉仕者の集い」(参拝受入グループ主管)が2月7日、庭野日鑛会長出席のもと第二団参会館食堂(じきどう)で行われました。247人が参加しました。

2016年02月02日

KAICIID ウィーンで「世界諸宗教調和週間」のプログラム開催

KAICIID(アブドッラー国王宗教・文化間対話のための国際センター)は2月2日、オーストリア・ウィーン市内の同本部で、「世界諸宗教調和週間」のプログラムを開催し、立正佼成会から同理事の庭野光祥次代会長が出席しました。根本昌廣宗教協力特任主席が随行しました。席上、初めて同本部を訪れた同国のハインツ・フィッシャー大統領が講演しました。