ニュース

HOME  >  ニュース

バックナンバー

2016年11月29日

中国佛教協会訪日使節団が来会

日本の仏教教団などの視察のため来日していた中国佛教協会訪日使節団の一行18人が11月29日、本会本部を訪れた。

2016年11月24日

今年の「ゆめポッケ」総個数と配付先発表 2万3237個が3カ国1地域へ

今年の「親子で取り組むゆめポッケ」(主管・青年ネットワークグループ)で、6月1日から8月31日までのキャンペーン期間中に、全国から寄せられたゆめポッケの総個数は2万3237個に上り、配付先はアフガニスタン、レバノン、パレスチナ・ガザ地区、フィリピン・ミンダナオ島に決定した。

2016年11月24日

「アフリカへ毛布をおくる運動」 第1便が出航

「アフリカへ毛布をおくる運動」(主催・同運動推進委員会)で集められた毛布を積んだ第1便の輸送船が10月22日、横浜港から配付国のモザンビークとマラウイに向けてそれぞれ出航した。コンゴ行きの輸送船は、来年の出航予定となる。

2016年11月24日

本会一食平和基金「一食岩手・釜石復興支援事業」 復興担う6団体に助成

東日本大震災の継続的な被災者支援のため、本会一食(いちじき)平和基金運営委員会(委員長=根本昌廣宗教協力特任主席)はこのほど、「一食岩手・釜石復興支援事業」として、被災地域で支援活動を展開する6団体に合計517万4592円を寄託した。岩手・釜石市の復興に向け、2013年から2回にわたり、非営利組織などを対象に合計977万円を助成してきた。復興支援事業は、「東日本大震災三県支援事業」として、福島県と宮城県でも実施されている。

2016年11月23日

TKWO 「第131回定期演奏会」と「第1回大阪定期演奏会」

東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)の「第131回定期演奏会」が11月23日、東京・豊島区の東京芸術劇場で行われた。指揮は、関西フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者・藤岡幸夫氏。

2016年11月20日

法相宗薬師寺・村上管主の「晋山奉告法要」に川端理事長が出席

法相宗大本山・薬師寺(奈良市)で11月20日、村上太胤師の管主(住職)就任を披露する「晋山奉告法要」が営まれ、本会から川端健之理事長が出席した。

2016年11月20日

「一食ユニセフ募金」贈呈式 市民の真心 世界の子どもたちの健康回復に

全国の青年部員らが今年、街頭などで取り組んだ「一食(いちじき)ユニセフ募金」の贈呈式が11月20日、「青年幹部会」の席上、大聖堂で行われ、桐生教会少年部長(35)から日本ユニセフ協会の東郷良尚副会長に目録が手渡された。募金総額は4235万467円に上る。

2016年11月18日

レバノンのNGO代表ら3氏が来会 光祥次代会長と懇談

レバノンのNGO「社会福祉と職業訓練のための全国協会」(NISCVT=通称・ベイト)のカセム・アイナ代表と妻で歯科医のファイザ・マスリ氏、NGO「子どもセンター」のアジーザ・シャハダ所長が11月18日夕、本会を訪れ、法輪閣で庭野光祥次代会長と懇談した。

2016年11月17日

本会一食平和基金 ハイチを襲った大型ハリケーン被害に緊急支援 

本会一食(いちじき)平和基金運営委員会(委員長=根本昌廣宗教協力特任主席)はこのほど、10月4日にハイチを襲った大型ハリケーン「マシュー」の被害に対し、合計300万円の緊急支援を決定した。現地で救援活動を行う国連世界食糧計画(WFP)に200万円、NPO法人アムダ(AMDA)に100万円を寄託する。

2016年11月15日

開祖さま生誕会 庭野会長が法話 悟りへの"因"は自分の中に

庭野日敬開祖の生誕を祝うとともに、法華経に示された「一乗」の精神に基づき、菩薩行実践の誓いを新たにする「開祖さま生誕会」が11月15日、大聖堂をはじめ全国の教会で開催された。今年は、開祖生誕110年、庭野日鑛会長に法燈が継承されてから25年の節目にあたる。大聖堂には73教会から会員、来賓ら約4000人が参列。大聖堂での式典の模様は、インターネットを通じて全国各教会に配信された。

2016年11月14日

「庭野日敬師に学ぶ会」一行が来会

新潟・十日町市の市民有志による「庭野日敬師に学ぶ会」(庭野雅弘会長)の会員と市民ら20人が11月14日、本会本部を訪れた。

2016年11月10日

本会一食平和基金「宮城県復興支援事業」 復興担う7団体に293万5000円

東日本大震災の宮城県の復興に向け、本会一食(いちじき)平和基金運営委員会(委員長=根本昌廣宗教協力特任主席)はこのほど、「一食宮城県復興支援事業 復興まちづくり協議会等事務局ステップアップ助成」として、支援活動を展開する7団体に合計293万5000円を寄託した。復興支援事業は、被災者を継続的にサポートするもので、同県のほか、岩手、福島の両県でも実施。宮城県に対しては昨年も、非営利団体や住民組織などを対象に合計450万円の助成が行われており、今回が2回目となる。

2016年11月09日

『障害者差別解消法について』をテーマに職員人権啓発講座

『障害者差別解消法について』をテーマに平成28年次(第21回)職員人権啓発講座が11月9日、法輪閣第5会議室で開かれ、本部職員180人が出席した。主催は、教団同和推進本部。『障害者差別解消法の施行に向けて——分け隔てなく、あなたらしく、地域で生きる』と題し、弁護士の大谷恭子氏が講演した。

2016年11月09日

光祥次代会長 アレルヤ会に招かれ岡田カトリック大司教と対談

庭野光祥次代会長は11月9日、カトリック東京大司教区アレルヤ会に招かれ、『平和のための宗教の使命』をテーマに岡田武夫大司教(同会顧問)と対談を行った。会場のニコラ・バレ修道院9階ホール(東京・千代田区)には、同会の信者と本会会員合わせて100人が集った。

2016年11月09日

庭野平和財団 第8回GNHシンポジウム

『「地域活性化」の意味を問いなおす——いま何が問われているのか』をテーマに第8回GNH(国民総幸福)シンポジウムが11月9日、東京・中野区の中野サンプラザで行われた。主催は庭野平和財団。市民など57人が参加した。

2016年11月08日

春日大社「第六十次式年造替奉祝祭」に佐藤西日本教区長が参列

奈良市春日野町の春日大社で11月8日、「第六十次式年造替奉祝祭」が行われ、全国の宗教関係者ら約500人が参加した。本会から佐藤益弘西日本教区長が参列した。

2016年11月05日

『地域でのネットワークづくり』をテーマに全国明社・第4回全国都道府県会議

『地域でのネットワークづくり』をテーマにNPO法人明るい社会づくり運動の「第4回全国都道府県会議」が11月5、6の両日、東京・千代田区の全国町村会館で開催された。理事を含む全国の会員ら71人が参加。協力団体である本会から、同法人担当常務を務める沼田雄司参務が出席した。

2016年11月04日

WCRP/RfP日本委 「気候変動タスクフォース学習会」

『気候変動・地球温暖化に対する宗教者の役割や行動とは何か?』をテーマに公開学習会が11月4日、普門館国際会議室で開催された。主催は、世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会・気候変動タスクフォース。宗教者をはじめ研究者など35人が出席した。

2016年11月03日

福島・田村市からTKWOに感謝状

東日本大震災の被災地支援に多大な貢献をしたとして、11月3日、東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)に、福島・田村市から感謝状が贈られた。これは、行政や民生、防災、産業、教育などの各分野で市の発展に貢献した33の個人と団体を同市が表彰するもの。

2016年11月02日

本部で憲法学習会 「あすわか」の弁護士が協力

本部職員を対象とした憲法学習会が11月2日、普門館地下ホールで行われ、142人が参加した。本会では、「明日の自由を守る若手弁護士の会」(あすわか)の協力を得て、憲法の役割や日本国憲法の理念を学ぶ「憲法カフェ」を企画。要望のあった支教区や教会と、教団本部で実施してきた。今後、「憲法改正」の議論が高まるといわれる中、憲法についてさらに学びを深めるため今回の学習会が実施された。全5回、「あすわか」で活動する種田和敏弁護士が講師を務める。