ニュース

HOME  >  ニュース  >  半田孝淳天台座主の一周忌法要に川端理事長が参列

バックナンバー

2016年12月10日

半田孝淳天台座主の一周忌法要に川端理事長が参列

長野・上田市の天台宗別格本山常楽寺で12月10日、半田孝淳第二百五十六世天台座主の一周忌法要が営まれ、本会から川端健之理事長、西澤弘安上田教会長が出席した。

半田師は大正6年、同市に生まれた。昭和3年の得度受戒後、平成11年に探題、19年に天台座主に就任。宗教協力に熱心で、「比叡山宗教サミット」の開催に尽力したほか、世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)国際名誉会長も務めた。
当日は、読経供養が厳修されたほか、参列者による焼香が行われ、最後に同寺の半田孝章住職があいさつを述べた。
なお、同日午後には、市内のホテルで半田孝淳師を偲(しの)ぶ会が開かれた。