ニュース

HOME  >  ニュース

バックナンバー

2017年01月12日

『ようこそ立正佼成会』英語版、『すべてはわが師』ベンガル語版など発刊

新入会員向け冊子『ようこそ立正佼成会』の英語版『Welcome to Rissho Kosei-kai For New Members』が本会国際伝道部から、また、ベンガル語版『すべてはわが師』(庭野日鑛著)、『人生、心がけ』(庭野日敬著)がバングラデシュ教会からこのほど発刊された。

2017年01月12日

WCRP/RfP日本委 「フクシマコミュニティづくり支援プロジェクト」

世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会は12月17日、「フクシマコミュニティづくり支援プロジェクト」の2016年度第3期支援先を発表した。同プロジェクトは東日本大震災の復興支援の一環として始められたもの。東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う住民の避難生活が続く福島県で、地域コミュニティーの再生や活性化に取り組む11団体に計215万円を寄託する。

2017年01月12日

中央学術研究所 アジア哲学叢書第3巻発刊

中央学術研究所はこのほど、『Philosophica Asiatica(アジア哲学叢書)』の第3巻として、『Vimalakīrti-nirdeśa(ヴィマラキールティ・ニルデーシャ)梵文維摩経―正順・逆順語彙索引―』を発刊した。

2017年01月07日

誓願新たに「御親教」式典 仏道を歩む「真因」が一人ひとりに

新年にあたり、庭野日鑛会長から指導を受け、会員一人ひとりが一年の誓いを新たにする「御親教」式典が1月7日、大聖堂はじめ全国各教会で行われた。庭野会長は「御親教」の中で、『燈明』『真因』の二幅の書き初めを披露。悟りに到達するための本質的な原因は各人の中にあり、それを自覚することが救われにつながると示した。また、「一期一会」という言葉を挙げ、「私たちが使える時間は、今この瞬間しかない。そこに気づくことが大切です」と常精進を促した。大聖堂には約3400人が参集。式典の模様はインターネットを通じて手話通訳付きで全国に配信された。大聖堂正面玄関では参拝者に七草粥(ななくさがゆ)が振る舞われた。

2017年01月01日

庭野会長 新年を迎え大宮八幡宮を参拝

庭野日鑛会長は1月1日午前、本部周辺の氏神にあたる東京・杉並区の大宮八幡宮(鎌田紀彦宮司)に参拝した。川端健之理事長、国富敬二杉並教会長が同行した。

2017年01月01日

新年を迎え「元旦参り」

新たな年を迎え、世界の平和を祈念し精進を誓い合う「元旦参り」が1月1日朝、大聖堂をはじめ全国各教会で行われた。