お役立ちツール

えりに縫い込まれた宝石


 話し手:西日本教区(青年担当)小林 宏至さん

妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう)五百(ごひゃく)弟子(でし)(じゅ)()(ほん)(だい)八」より)

あるところに、(まず)しい一人(ひとり)男性(だんせい)がいました。
もう何日(なんにち)食事(しょくじ)がとれず、はらぺこの状態(じょうたい)です。
(こま)った男性(だんせい)は、ふと親友(しんゆう)のことを(おも)()しました。
その(いえ)大金持(おおがねも)ちで、その(うえ)親友(しんゆう)はとても(やさ)しい(こころ)()(ぬし)でした。
男性(だんせい)(たず)ねていくと、親友(しんゆう)男性(だんせい)(こころよ)(いえ)()れ、
「さあ、遠慮(えんりょ)なく()べるがいいよ」とたくさんのごちそうでもてなしてくれました。
(さけ)料理(りょうり)をたいらげ、満腹(まんぷく)になった男性(だんせい)はその()(よこ)になって(ねむ)ってしまいました。
男性(だんせい)のやすらかな寝顔(ねがお)()て、親友(しんゆう)はほっとしました。
しかし、これからすぐに(たび)()なければならず、男性(だんせい)()きるのを()ってはいられません。
気持(きも)ちよく(ねむ)っている男性(だんせい)()こすのは()(どく)だと(おも)い、親友(しんゆう)は、(しず)かに()かけることにしました。
「そうだ!(きみ)がこれからもう二()生活(せいかつ)(こま)らないように、ここに宝石(ほうせき)()()んでおいてあげるからね」。
親友(しんゆう)は、男性(だんせい)()ている(ころも)のえりの(なか)に、一生(いっしょう)(らく)()らせるだけの宝石(ほうせき)()()けたのです。
()()めた男性(だんせい)は、自分(じぶん)(ねむ)っているあいだに親友(しんゆう)(たび)()たと()き、お(れい)()えなかったことをとても残念(ざんねん)(おも)いました。
そして、(なに)()らず、また(もと)(くる)しい生活(せいかつ)(もど)りました。
(すう)(ねん)()男性(だんせい)親友(しんゆう)はばったり(みち)再会(さいかい)しました。
男性(だんせい)相変(あいか)わらずやつれて、(まず)しい()なりをしていることに(おどろ)いた親友(しんゆう)は、いつかの(よる)、えりに宝物(たからもの)()()けたことを(はな)しました。
男性(だんせい)宝物(たからもの)()づかず、ずっと(くる)しい(まい)(にち)(おく)っていたのです。
男性(だんせい)」は、(わたし)たち。「親友(しんゆう)」とはお釈迦(しゃか)さまのことを()します。
そして、えりに()()まれた宝石(ほうせき)は、(わたし)たちの(こころ)(おく)にある、(ほとけ)さまと(おな)(こころ)、「仏性(ぶっしょう)」です。
釈迦(しゃか)さまは、いつも(わたし)たちに「(はや)くあなたの(なか)(ほとけ)さまの(こころ)()づきなさい。そして安心(あんしん)した生活(せいかつ)(おく)りなさい」とメッセージをくださっています。