お役立ちツール

まわりの人にも、自分にも苦しみを与える行いはしない


話し手:東日本教区(青年担当) 松永 多加志さん

釈迦(しゃか)さまが、祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)にいらしていた(とき)のことです。
(あさ)、お釈迦(しゃか)さまは、托鉢(たくはつ)をするために、衣服(いふく)(ととの)え、(はち)()ってサーヴァッチー(じょう)(はい)ろうとしました。
すると(みち)ばたで、()どもたちが()ったばかりの(さかな)をいじめていたのです。
釈迦(しゃか)さまは、()どもたちに(ちか)づき、()いかけました。
「みんな。(くる)しいことは、いやではないですか?(くる)しいことは、気持(きも)ちのいいことですか?」
()どもたちは(こた)えました。
「それはもちろんです。(くる)しいのは(いや)だし、気持(きも)ちのいいものではありません」
釈迦(しゃか)さまは、やさしく()どもたちに(さと)しました。
(きみ)たちにとって、(くる)しみが気持(きも)ちのいいことでなければ、まわりの(ひと)にも自分(じぶん)にも、()きとし()けるものすべてに、(わる)(おこな)いはしないことです。
もし(わる)(おこな)いをしてしまったならば、(くる)しみから(のが)れようと(おも)っても、(のが)れられないものです」
自説(じせつ)(きょう)より)