お役立ちツール

ものごとをありのままに見る


話し手:西日本教区(青年担当) 郷原 一彰さん

一人(ひとり)修行僧(しゅぎょうそう)がお釈迦(しゃか)さまに質問(しつもん)しました。
「あるときは、すみ()った気持(きも)ちになり、(まな)んだことも(まな)んでいないこともわかることがあります。その(ぎゃく)に、(まな)んだことなのに(あたま)()かんでこないことがあります。
いったいこれは、どういう理由(りゆう)なのでしょうか?」
するとお釈迦(しゃか)さまは、こう(こた)えました。
「ここに(うつわ)(はい)った(みず)があるとします。もしその(みず)(あか)とか(あお)とかににごっていたら、あなたの(かお)()えますか?」
「いいえ、(かお)(うつ)すことができないと(おも)います」
「それと(おな)じで、(ひと)(こころ)にもっともっとという(よく)(こころ)があると、ものごとをありのままに()ることができなくなってしまうのです。では、その(みず)()えたぎっていたとしたらどうでしょうか?」
「やはり(かお)(うつ)すことはできません」
「それと(おな)じで、(こころ)がいかりに()ちていると、ものごとをありのままに()ることができなくなってしまうのです。さて、水面(すいめん)水草(みずくさ)でおおわれていたらどうでしょうか?」
「やはり(かお)(うつ)すことはできません」
「それと(おな)じで、(こころ)がぐちにおおわれていると、ものごとをありのままに()ることができなくなってしまうのです」