お役立ちツール

長者と息子


 話し手:東京教区(青年担当) 木塚 佳代子さん

(妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう)信解(しんげ)(ほん)第四(だいし)」より)
ある(くに)に、大金持(おおがねも)ちの長者(ちょうじゃ)がいました。長者(ちょうじゃ)には息子(むすこ)がいましたが、(おさな)いころに(いえ)()()したまま何十年(なんじゅうねん)
(かえ)ってきません。長者(ちょうじゃ)国中(くにじゅう)(さが)(ある)きましたが()つからず、ある(まち)()みついて(ゆた)かに()らしていました。
いっぽうの息子(むすこ)は、あちこちをさまよい、(まず)しい()らしをしていました。
そしてある()(ちち)(いえ)とは()らずに長者(ちょうじゃ)屋敷(やしき)(まえ)(あし)()めます。
長者(ちょうじゃ)は、一目(ひとめ)息子(むすこ)だと()かりましたが、息子(むすこ)は「自分(じぶん)のような人間(にんげん)はこの()にふさわしくない」と、その()()()ろうとします。
長者(ちょうじゃ)は、召使(めしつか)いを息子(むすこ)のもとに()かせ、屋敷(やしき)便所(べんじょ)やドブの掃除(そうじ)をするようしむけます。
息子(むすこ)も「それならば」と、その()から(はたら)くようになりました。
わが()様子(ようす)()ていた長者(ちょうじゃ)は、(みずか)身体(からだ)(よご)して息子(むすこ)(ちか)づき、一緒(いっしょ)(はたら)きながらこう(かた)りかけました。
(わたし)はおまえの(おや)のような()がする。(わたし)がおまえを(たす)けてやるから安心(あんしん)して(はたら)(つづ)けなさい」。
息子(むすこ)はまじめに(はたら)き、やがて財宝(ざいほう)がおさめられている(くら)管理(かんり)(まか)されました。
最初(さいしょ)は「自分(じぶん)のような人間(にんげん)にできるだろうか」と不安(ふあん)げだった息子(むすこ)でしたが、
そうしたいじけた(こころ)もしだいにとけていきました。
(すう)(ねん)()死期(しき)(せま)った長者(ちょうじゃ)は、(おお)くの(ひと)部屋(へや)(あつ)め、そこに息子(むすこ)()んで、(じつ)親子(おやこ)であることを()げました。
そして、すべての財産(ざいさん)息子(むすこ)のものであると宣言(せんげん)したのです。
息子(むすこ)は、長者(ちょうじゃ)自分(じぶん)父親(ちちおや)であったことを(よろこ)ぶと同時(どうじ)に、(なが)時間(じかん)自分(じぶん)見守(みまも)り、大切(たいせつ)宝物(たからもの)()づかせてくれたことに、
いままで(あじ)わったことのない(よろこ)びを(かん)じたのでした。
長者(ちょうじゃ)は「(ほとけ)さま」、息子(むすこ)は「(わたし)たち」です。
(ほとけ)さまはいつも(わたし)たちをわが()として見守(みまも)り、たくさんの宝物(たからもの)用意(ようい)してくださっているのです。