曇りのち、快晴

2020年10月12日

秋がいちばんかも

子どもの頃、夏が好きだった。

夏生まれだし、夏休みがあるし。

何より、母が「夏が好きだ」と言っていた。

「洗濯物がよく乾くから」という理由だった。

母信者なわけではないが、その頃は、母が言うことはすべて正しいと思うくらいの年齢。

「私も夏が好き!これが正解なんだ!」と思っていた。

 

大人になるにつれて、冬が好きになっていった。

汗で化粧が落ちることはないし、冬服が可愛い。

 

でも今は秋がいちばん好きかも。

 

ここ近年、佼成会の生活にどっぷり浸かってしまってから、私の中では、お会式までが夏だった。

お会式が終わるまで、衣替えはしない。

 

だからいつも私の一年には秋がなかった。

四季じゃなくて三季だった。

 

お会式がない静かな今年、初めての勢いで「秋」を感じている。

 

よく考えたら、私の好きな食べ物は 芋、栗、あんこ。

私の季節がやってきたと言っても過言ではない。

 

暑すぎず、寒すぎず、めちゃくちゃいい気温。食べ物も最高。

なんだ、秋ってこんなに楽しかったんだ。

 

環境が変わると見えるものも変わってくる。

そのときそのときの楽しみ方があるんだなあ、と。

こんな小さなことだけど。やった!視野が広がった!

23+
23+