森とゾウ、そして人参ウサギ~ものぐさ部長の暮らし~

2019年8月29日

好青年

 

雨がちらつく中、バス停でバスを待っていると、結構強く雨が降り始めた。

天気予報でも、雨の降る予報だったので、ほとんどの人が傘をさしてバスが来るのを待っていた。

 

ところが、私のうしろに並んでいた若い男性が傘をささずにいた。

私の傘は小さい折りたたみの傘だったが、相合い傘をすればよいかな~

振り向くと、男性の腕にはタトゥーが。

その瞬間、私の頭のなかでは天使と悪魔がささやきあう。

 

あんなに濡れているのに、ほっておくの?

声をかけても無視されそう

やっぱり、こわーい?

 

えーい、声を掛けない方が絶対後悔する!

『一緒に傘に入りませんか』

 

『いえ、大丈夫です』とっても真摯ににっこり笑って答えてくださった。

素敵な青年。

声かけてよかった~

 

ずぶぬれになりながら、バスに乗り込むと他の乗客に迷惑にならないように立っていた。

私が下りるバス停の3つ前くらいで降りて行った。

 

早くお家に帰って、風邪ひかないでね・・・

と見送った

 

目に見える情報で瞬間的に判断する私。

でも縁を結んでみて、違う感覚を味わう。

好青年に学んだ日でした。