森とゾウ、そして人参ウサギ~ものぐさ部長の暮らし~

2019年7月30日

Kさん♡

教会の名物になりつつあるKさんのお話です。

80歳を超えているKさんは、今年他の教会から転入されてきた方。

とてもお元気!

 

前の教会では知らない人がいないほど、修行精進してきた方だそう。

毎日9時のご供養にみえる。私のようなものにも、

『おはようございます』と正座してご挨拶をして下さる。

私も自然と襟を正し、朝の挨拶をかわせるようになった。

当初、引っ越してきたばかりの頃は、一番近くに住んでいたT組長さんが

毎朝、待ち合わせをして道場まで道案内をしてくださっていた。

このT組長さん、とっても具合悪くて、倒れちゃったり、入院したりしていたのですが

『毎日、お参りしていれば元気になる!』

と信念をもっているKさんに言い切っていただき

T組長さんとKさんが毎日9時のご供養にみえる日々が続いていた。

そんなある日、Kさん何を思ったか

『Tさんに主任のお役を』と支部長さんにお願いを。

私はTさんは無理でしょと思っていたけど、お役を受けてからのTさん、

みるみる元気になっていった。

3か月もたったらすっかり素敵な主任さんに!

Kさんや地区の信者さんサンガのおかげさまで、今日も精進している。

支部長さんのご英断あっぱれ!

私の価値観なんて、狭いなぁ....

仏さまの見方に近づくために、今日もサンガから学ぼう。