軽4支部長のつかずはなれず

2020年7月29日

『佼成』8月号が届きました!

 

最近、家にいることが多いので、毎日流れてくるコロナウィルス関連のニュースやワイドショーに、いささか辟易してました。

 

この先心配だけど、報道の一部は、かえって国民の不安や不満を増幅させてるのではないか、と思ってました。

 

そんな時に佼成8月号が手元に届き、会長法話を読みました。

 

読んだ瞬間、こんな顔になりました。

 

(((o(*゚▽゚*)o)))♡

わー!!!!!

 

「新型コロナウィルスの感染拡大など、世界に広がる現象も、私たち一人ひとりにいろいろなことを教えてくれます。」

「世界じゅうの人の幸せを祈る人たちは、みんな願いを一つにする仲間、いわば世界サンガの一員といえます。」

 

これですよねー!

これこれ!

 

そうなんですよね、何でそこに私は行かないのかな。

 

いつも教えてもらってるのに、色々な出来事にふれるとつい自分の考えになってしまう。

テレビの中の人たちが、何かを誰かを批判してるように、私もその人たちに不満を抱き、ジャッジしていました。反省します。

 

そして、そして!!

(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

「私たちはすでに悟っている、と教えられてあります。」

「悟ってる『ほんとうの自分』に帰るための精進、それが日常の信仰生活なのです。」

 

そんでもって今月のタイトルが、『「仏に帰る」ための精進』

 

行くんじゃなくて、帰るんだ!

 

ほんとうの自分って、そんなに尊かったんだ(涙)。

 

そして、コロナも自宅待機もワイドショーも、本来自分がいた、温かいほんとうの家に帰るためのヒントなんですね。

 

ありがとうございます、会長先生 ‥ 。

 

今日から再び、新鮮でわくわくする日々が送れそうです!

 

深く深く合掌

 

 

40+