軽4支部長のつかずはなれず

2020年8月29日

そろそろお彼岸ですね。

 

そろそろ、コロナ禍の中での二回目のお彼岸を迎えようとしています。

 

思い起こせば春のお彼岸は、コロナ騒ぎになってすぐでした。

集まることができないので、急きょ「各家でしましょう」「ご供養ができない人は主任さん、組長さんに頼んでやりましょう」というかたちをとりました。

 

お彼岸法要といえば、今までは、ご宝前を荘厳にするのは当然のことですが、それプラス、みんなでワイワイしながらお役を決め、誰が何を作るか決めて(お団子とかね)、奉献やご供養、法座をして、みんなでお供物をいただき、これ美味しいね、どうやって作ったの?とか聞いたりして、帰る際にはご供養があがった有難いお供物をそれぞれに渡し、今日はありがたかったわね~とお互いニコニコしながら帰路につく。

 

と、そういうことを毎年していました。はい。

 

そういうことをするとご先祖さまが喜ぶと思ってました。

「うちの子孫はちゃんと来ているな、サンガの中で学んでいるな」と思ってくれているだろうなと、そう思ってました。

 

みんなでワイワイやることが仏道だと思ってました。

仏道勘違いあるある(*´Д`*)

 

ということで、さすがに今回のお彼岸は、ウィズコロナ二回目ということで少し進化(??)しました。

 

ウィズコロナ。

でもあるけれど、今回、教会長さんは、『各自、各家庭でご先祖さまを思い、ご供養を』という願いを私たちに伝えてくれました。

 

そ、う、だ、よ、ねー (*´Д`*)

そうですよねー。

 

何が大事って、『各家庭でご先祖さまを思い、ご供養する』、それがいちばん大事なんじゃーん。

これはもう、コロナ騒動以前のモンダイですな。

何で今まで、そこに考えが及ばなかったんだろーという話ですわ 、

私のバヤイ  (*´Д`*)

 

我が家のご先祖さまに想いを馳せながら、家族でご供養!

これで決まりでしょう、やっぱ。

 

これはぜひ、たくさんの家でやってもらいたーい!

 

と、そう思えた瞬間、相手のご先祖さまにも私の心がつながった気がしました。気がしただけかもしれないけど。

 

この法要を機縁にして、一人でも多くの人が、ご宝前を中心とした、温かい家庭を築いていけますように。

 

そんな願いにもつながっていきそうな(まだつながってないんかい)、今年のお彼岸法要です。

 

 

47+