軽4支部長のつかずはなれず

2020年3月24日

なぜ道場観が最初に?

 

自宅での修行が続き、それぞれの方がそれぞれの場で気づきを頂いていると思います。

 

まさしく、即是道場。

 

そういえば昔の経典は、自ら仏に帰依し奉る~、の三宝帰依から始まってました。(若い人は知らないだろうけど)

 

今は道場観が最初。

 

順番が変わったのも深い意味があるんでしょうね。

当時は私も若かったので深く考えることはありませんでした。

 

いま、改めて考えると‥。

 

まだよくわからない(笑)。

 

ただ、家でご供養をしている時は、ああ、ここが道場なんだなと、しみじみ思えたりする。

 

つーことは、諸仏もここで悟り、ここで法輪を転じたってことか!

 

家よりも教会、教会よりも本部というヒエラルキーを、当たり前のように作っていた私。

 

ありがたさではその通りだけれども、なんだか、もう一つ、違う物差しがあるような気がする。

 

諸仏には道場も教会もなかったはずだし(笑)。

 

自分はどこにいても自分ってことか。

 

自宅での日々は、自分と向き合わせてくれる。

 

佼成会が、もしなくても、私は敬虔な仏教徒なんだろうか?

 

今日の夜は、試しに、開祖さまになった気分で、新井助信先生に今日出会った気分で、初めてお経巻を開く気分で、ご供養してみようかな。

 

 

63+