軽4支部長のつかずはなれず

2019年8月13日

お盆のスーパーにて。

 

この前もらった七枚の抽選券(+私の三枚)、スーパーに持って行ってきましたよー。

 

二、回、引けるっ、二、回、引けるっ。

 

ガラガラガラガラ、 ガラガラガラガラ。

 

はい、ポケットティッシュふたつー。

 

_(:3 」∠)_

 

閑話休題。全国的にお盆休みに入りました。

昨夜、初盆参りのためのお菓子を買いに近所のスーパーに行きました。

あ、この間とは別のスーパーね。

 

購入したお菓子を包装してもらいにサービスカウンターに行くと、ご高齢のおばあちゃまが店員さんと何やらゴタゴタやっている。

店員さんはどこかに何度も電話をしたり、おばあちゃまに説明したりで、一向に私の順番に回ってこない。

 

急いでいるときはイラっともするが、その時の私は夕飯も後片付けも終えていたので、ゆとりで二人のやりとりを聞いていた。

 

すると「えー?一時間半もかかるの?困ったわー」というおばあちゃまの嘆きの声が聞こえた。

 

夜の9時だった。

何だか分からないけど、これから1時間半もかかったら大変だ。

 

なんだろう(*’ω’*)

ヒマだったので興味深く聞いていた。

ヒマっていいね。色んな事に首を突っ込める(笑)

 

どうやらタクシーの迎えを頼みたいのだが、なかなか来てもらえないらしい。

 

あー、そういうことね(*’ω’*)

 

わかった瞬間「タクシーが来られないんですか?私、送りますよ」と言葉が出た。

 

ヒマだし(*’ω’*)

「え、いいんですか!助かります」と、お二人の声とホッとした表情。

 

あー、この感じ。すき(笑)

 

助かるって言ってもらえるって、こっちが嬉しくなれるね。

 

大荷物を抱えてほとほと困っていたらしい。

 

送りながら聞いてみたら、おばあちゃまは82歳。ご主人を亡くして7年になるという。子供さんが3人いるがそれぞれ遠くに暮らしていて一人暮らし。足腰も弱くなり大変。「実は主人は急に亡くなったのよ」と、まだまだ話し足りない感じのまま家に着いてしまった。

 

玄関まで送るとたいそう喜ばれ、タクシー代として千円頂いちゃいました。

 

こんど美味しいもの持って、話の続きを聞きに行こっと。