軽4支部長のつかずはなれず

2020年10月19日

主任さんから突然の重大ニュースが !

 

ホットニュース! 

なんと、離婚して20年以上経つ主任さん(70代•娘さんと同居)が、元ご主人と、再入籍することになりましたー!

 

(((o(*゚▽゚*)o)))♡きゃ~!

おめでとうございます~!

別居のままだけどね( ̄▽ ̄)

いいよいいよ、アリだよ。

 

長い間離婚していたお二人でしたが、離れて暮らしていても、というか、離れて暮らすことで?良好な関係を築いていました。

 

再婚の理由はご夫婦にしかわかりません。

いえ、ご本人達さえも分からない感じが、私はするのです。

 

教会で主任さんは、最近の体調不良の悩みについて話し始めました。

「コロナで教会に来られなくなり、開放感に溢れ嬉しかったのも束の間、だんだん体調が崩れ、教会やお役が有り難かった事に気付いた。最近は食事が美味しくない、持病も心配、部屋に一人で居ることが不安で、元夫に来てもらって鍵をいくつも付けてもらう始末」というものでした。

 

それで最後に「そう、これ、笑っちゃう話なんですけど」って言って出たのが再婚の話だったんです。

 

( ゚д゚)えー???再婚ー???

重大発表!それメインじゃないの?

 

それまで真剣な面持ちで話を聞いていたのに、思わぬ話の展開に、私は法座席の絨毯をたたいて笑い転げてしまいました。

 

主任さんが先日、自分の入るお墓の手続きを済ませた時のこと。手続きをするに当たり、住民票でしたか、市役所で何か書類を用意するんですね。それを見たら、元ご主人と子供達は一緒の籍なのですが、自分だけひとり、という、その書類を改めて見て、何だか無性~に寂しくなっちゃったらしいんですね。

 

その気持ちを元ご主人に話し、自然な会話の中で「お墓に一緒に入ってくれない?」と言ったら、ご主人はご主人で「いいよー」と、軽ーく返事をしてくれて、なんとな~く再入籍が成立したみたいなんですね。

 

でも生活はこのまま、別々ね!

というのは二人ともハッキリキッパリ同意。笑。

 

話が長~~~くなっちゃうので、二人の長い物語は割愛しますが、主任さんの話を聞けば聞くほど、仏さまのはからいというものを感じるんですよね~。

 

自然な形で、無理なく、ちょっと困らせたり、ちょっと嬉しがらせたり、たまに気付かされたりしながら、二人がまた一緒になるような仏さまのレールに乗っていたんだろうな~、って、思いました。 表面上は色々あっても、魂は深いところで繋がっているんですね。

 

コロナ禍というきっかけも使って、いろんなものごとが動いています。

 

主任さん、晴れて再び一緒になるあかつきには、教会長さんにお通しして、家族みんなで美味しいものでも食べながら、それぞれの積もる思いを語り合ってくださいね。

 

「そうか、入籍すればこの体調不良がよくなるかな」と最後に言ってました。

 

ん?そこ? (°_°)

 

 

 

48+