軽4支部長のつかずはなれず

2019年9月26日

光澍生T君がやってきた !

この夏休みの出来事。

 

光澍生T君が実習に来ました。

 

彼は信仰四代目‥ といってもそんなに熱心に活動していた訳ではなく、年に一回お母さんに促され、寒修行のお役をやる程度でした。

 

2週間ぐらいいたかな~。

教会に寝泊まりして、お当番とか手どりとかを体験する、光澍のカリキュラムの一環なんですね。

光澍生、大変ですね~( ´Д)

 

最終日のご命日に、T君はその2週間の実践報告をしました。

 

これがまあ感動!╰(*´`*)╯

 

実践の第1日目は、彼の祖母の家のご供養でした。

 

実践報告から抜粋

 

その1

 

「初日、朝からあまりやる気もなく、しかもなんで祖母の家のご供養?どうせ行くなら知らない家のご供養に行きたい、と思いました」

 

素直でいいですね~(*´`*)

最初からありがたいなんて思わないよね~。まっとうまっとう(笑)

 

でも偶然か必然か、その日のご供養は彼の曽祖母の方が信仰に入った、まさに彼のいのちの原点の方のご供養でした。

 

彼は言いました。

 

「その人がいなければ、祖母も母も僕も生まれていませんでした。僕はその時、実習に向けてスイッチが入りました」

 

おー!素晴らしい!

はからいっていうやつ?

 

しかし、彼のいいところは素晴らしいだけで終わらない。

 

 その2

 

「外支部(法座所)に行きました。ほとんどおばあちゃんみたいな人ばかりでした。お昼も沢山出してくれて、みんな明るくとても温かさを感じました。でも法座はちょっと何だか分からない話をしていて、僕は、はたしてこれでいいのかなと思いました」

 

みんな大爆笑()

そうそう、みんな思ってるよ~。

 

 彼は言いました。

 「でもここでみんなが温かくなって、救われて、優しい気持ちになれば、それでいいんだと思いました。寮でも『家族のように』と言われていますが、なかなかそのようになっていません。僕は寮に帰ったら、友達と、外支部の皆さんのようなふれあいをしていきたいと思います」と締めた。

 

なんていい子( )

 

 その3

 

 A支部の青少年の夏の集いに誘われ、バーベキューや流しそうめんをしました。その中に小学生の兄弟がいましたが、一言も喋らず、まったく楽しそうじゃありませんでした。あー、この子たちは親に連れられてイヤイヤ来たんだろうな~と思いました」

 

あー、いたわー(´Д`A

ここでもみんな大爆笑。

反省しつつも身に覚えあり。

 

彼は続けて言いました。

 

「そこに教会長さんが来て、小さい子と、ちゃんと触れ合わなきゃダメよ、と言われ、そうか、そう思った僕が自ら触れ合わなきゃダメなんだ、と思い、その子達の目線になって、興味がありそうな話をすると笑ってくれて、ずっと一緒に遊んでくれるようになりました」

 

 ね~!

 

彼は一つひとつの出会いを、とっても丁寧に受けとり、すなおに実践する。

そうか~、そういうことをやっていけばいいんですね~。

 

T君、教えてくれてありがとう!