軽4支部長のつかずはなれず

2019年9月8日

喫茶コーナーの奇跡

 

皆さま、お久しぶりでございます。

 

えー、我が教会には喫茶コーナーがありまして、そこは支部関係なく交流が出来る会員みんなの憩いの場となっています。

 

今日はその喫茶コーナーで奇跡の出会いがありました。

 

それは多分、K班長さんの〈Nちゃんの心を救いたい一心〉からなる、仏さまのはからいかと思います。

 

私が以前、2年間受け持っていた支部の、40代の女の子、Nちゃん。

彼女は17年間寝たきりでした。アレルギーも沢山あって、化粧品や生花やお線香の匂いもダメなので、人に会う事もご供養する事も出来ませんでした。

 

でも、地区の皆さんの手取りによって、私は彼女に会え、ご供養も出来るようになり、さあこれから、という時に私は支部を離れてしまい、数年経ちます。

 

そのNちゃんは最近、妄想めいた言動をしていて、今の支部長さんは教会長さんにご指導頂き「軽四支部長にも話を聞いてもらいなさい」との話を頂いたので、私は早速彼女に会いに行きました。

 

んー、確かに。妄想かも。

どうしたものか(; ̄ェ ̄)

イマイチ手立てが見つからない。

 

ずっとNちゃん家族を手取りしているK班長さんは以前ウツでしたが、私が定期的に話を聞いたり、良くなり始めた頃にお役を頂いたりして、今は精力的に菩薩道に邁進している人です。

K班長さんは、Nちゃんの「私は生まれてこない方がよかった」という言葉を聞き、何とかNちゃんの心を救いたい、と強く思っていました。

 

そして、今日の日がやってきたのです!!

 

喫茶コーナーでK班長さんと会い、Nちゃんの近況を聞いていたところ、別の支部のEさん(初登場)が引き寄せられるように私たちのテーブルに入ってきました。

 

おやおや?Eさんは私と話したかったみたい。

 

ややこしくなってるけど、3人とも別の支部ね。

 

Eさんがテーブルに入ってからは私たちはNちゃんの話をしなかったのですが、Eさんの何気ない話をよくよく聞いてみると、Nちゃんと通ずるワードがいくつもあって、EさんはNちゃんの心にぴったり寄り添える人物ではないか?と私たち2人は同時に思いました。

 

え?え!あ!

Eさんだー!

EさんこそNちゃんの心を救える人だー!教会中探してもこの人だけだー!

 

これね、この衝撃的な感覚、説明しづらい。(-_-;)申し訳ない。

 

とにかく私たちはNちゃんとEさんを引き合わせいと思いました。

 

事の次第がよくわからないEさんも「え?私?ですね、でも私に何かお役があるのかなーと思ってここに座った気がする 」と言っていました。

 

各支部長さんにお通ししながら、K班長さんとEさんはNちゃんの家に手取りに行く事になりました。

 

全てはK班長さんの強い思いから。

 

思うに、喫茶コーナーはうちの教会のパワースポットだな。

それぞれが自由に作用しあって、真面目な人が柔らかくなり、適当な人が真剣になり、そして思いもよらない、救いの出会いがある。

 

小さな奇跡に合掌。