軽4支部長のつかずはなれず

2019年11月27日

無常を受けとめ、前に進んだ彼女。

先日、よその支部のご供養に行ってまいりました。

 

私が昔関わっていた青年女子部の子の家で、そちらの支部長さんのご好意により、お参りが出来ました。

 

その女子部の子に対して、私は深い思い入れがあるんです。

 

初めて出会った時、彼女は25歳、私はなりたての新米支部長でした。

彼女は小中学校でイジメに遭い不登校、リストカット、うつ病など、いくつもの病気を持ち、社会に出ることなく、引きこもっていました。

両親は共に障害者で、彼女はひとりっ子。

部屋の整理整頓はなされず、ご宝前の脇は猫のトイレになっていました。

 

それぞれが、それぞれを、責めたり支えあったりしていました。

3人で寄り添い、ひっそりと暮らすその家族に、明るい未来は来るのだろうかと、漠然と思いました。

 

当時のサンガの関わりは、時として家族のプライドを傷つけることもあり、佼成会との関係はあまり良くありませんでした。

 

「あの家は変わりませんよ」と主任さんから言われました。

 

でも私は、家族一人ひとりと関わるうちに、みんな一生懸命生きているんだ!ということを強く感じました。

 

そして何より仏さまは「無常」という事を教えてくれています。

 

家族の仏性を感じ、無常を信じる。

私はそれに徹しました。

 

やがて、その家に大きな変化がありました。

 

お母さんの突然の死です。

 

とても悲しい出来事でした。

 

当時27歳の彼女は、頼りきりだったお母さんの〈死〉という現実を、ちゃんと受けとめたいと自ら願い、サンガを頼り、ご供養をし、教会に通い、法華経の勉強会にも参加しました。

 

お母さんが信じていた信仰をしっかりと受け継ぐ決心をし、前へ進んでいったのです。

 

自らが歩み始めたその日から、彼女は変わりました。

 

家をきれいに片付け、少しずつですが働き始め、恋愛も経験しました。

 

そうそう、恋愛ね、何回かしたんですよね(笑)

その度に相談されたりグチられたり。

私も楽しかったな~。

昔のあの状態から、恋バナや仕事のグチ話が出来る状態になったという事で、私は彼女のどんな話を聞いても嬉しかった。

社会で頑張ってるんだな~って思った。

 

そうなんです。私が先日参加したご供養は、お母さんの13回忌でした。

 

こんな言い方はよくないかもしれませんが、お母さんは身を呈して彼女を救ってくれたのかもしれません。

 

彼女の家を思うと、やっぱり無常と仏性を信じることが原点なんだな、と思います。

 

支部長になりたての私に、法の証明をしてくれたのが彼女の家でした。

 

感謝しかありません。

 

 

52+