逆転の色メガネ

2018年5月21日

地に落ちたフェニックス!

さてさて、みなさん。

アメリカで一番人気のスポーツって何か知ってますか?

大谷くん人気で日本で騒がれている野球でも、ロシアW杯が近いサッカーでもなく

実は「アメリカンフットボール」なんですよね。

日本ではチョット縁遠いスポーツですが、最近騒がれてますね。

ラグビーと非常に似ていますがルールは全く違います。

 

メガネはアメフトは昔から好きでよく見ていました。

今回のN大の問題!これは、ありえません。

どんなスポーツもルールがあって、それの上でお互いに切磋琢磨するから楽しいんです。

 

勝利至上主義に走るあまりこのようなプレーが生まれたのであれば、言語道断!

当該選手が監督に指示されたからやったとしたら、指示だす監督は指導者としては失格だし、それを行動に移した選手も指導者に洗脳されすぎです。

そして今回のポイントは危機管理のなさですね。

直ぐに会見を開き現状とお詫びをすべきなのに監督は雲隠れ会見は開かず。挙句会見開いても語らずにSNS等で色々な憶測が流れてるのが心外ですと・・・政治の世界もそうですが言った言わない、やったやらないではなく、今起きた問題をどう対処するか!最善を尽くすのが組織として一番大事なのでは?

地に落ちてしまったフェニックスは今回の問題を真摯に受け止め、不死鳥の如くに大空を真っ赤に染めてほしいところです。

今日の教訓「不死鳥も地に堕ちればただの鳥」

名門は名門としての気概と誇りを持って一からやり直してもらいとこです。

0