Butterfly Effect

2019年12月12日

発菩提心=菩薩行

 

— ”菩薩行”を邁進する。

 

菩薩行とは発菩提心で実践していくこと、そのように教えてもらった今日この頃。

 

「まず人さま」「まず私から」と、教えていただいているわたしたち。

あいさつも「まず私から」

ごめんなさいも「まず私から」

ありがとうも「まず私から」

悩みがあっても「まず人さま」

苦しい時こそ「まず人さま」

喜びも「まず人さま」

 

例えば、川でおぼれている子どもを見たとき、

体は勝手に反応する。

でも一瞬考える私がいるなーと思った。

ニュースで

≪子どもが川に転落して、子どもは助かったけど、飛び込んで助けたお父さんが亡くなった。≫

そのニュースを聞いたとき、一瞬≪なぜ?≫と思う私がいたし、

泳げなかったのかと思う私もいた。

 

「まず人さま」、本当に自分を捨てることってどんなことか。

 

教えてもらったのは、

「泳げるとか泳げないとか、救える救えないとか、水が冷たい熱いとかの次元ではない。

まず人さまで、残った私はどうするのか。

本当に救いたいと一心に思った行動であれば、神さま・仏さまが救い上げてくれる。」

 

それを聞いたとき、あのニュースのお父さんは、どうして命を落とさなければならなかったのかと心が痛くなった。

 

きっと救われること、命を落とさないことが仏さまの救われではない世界。

私みたいな凡人には計り知れないほどの仏さまの智慧が働く世界なんだとは思う…。

 

「子どもを助けようと思って死んじゃったんだって…」

「あの子は父親の死の原因が自分だって知ったらどうなっちゃうんだろうね」

「泳げなかったくせに飛び込んで馬鹿じゃない?」

「かわいそうにねぇ…」

 

そんなうわさ話も聞こえてくるのかもしれない…。

 

そんな見方ではなく、

子どもの命を救えたことを誇りに思っているんじゃないか、

大切な人が、命を懸けて産んだ子を、守れたとっても素敵なパパだった

誰よりも、子どもを想っていたパパだった

 

そんな風に見れる信仰を持つ私でありたいと、願った今日のつぶやき。

23+