Butterfly Effect

2020年12月2日

自粛警察

 

すっごく寒くなってきた今日この頃。

暖房が苦手な私は毛布にくるまりながら、ぶるぶるのリモートワーク。

寒いぃぃぃぃぃ。

それも四季の善き風情なのか⁉

 

さて、コロナの感染者数や重症患者数が増えてきている中

一時流行った「自粛警察」がまた顔を出し始めるにおいがしますね。

年間大賞も「三密」に決まりましたしねぇ~。

 

GoToが始まって、落ち着いていた偏った正義感や恐怖心。

今度はどんな顔の「監視」があらわれるのだろう。

誰に頼まれたわけでもなく、自分の価値観のみの過度な押し付け。

どっちが悪いわけではないけれど、白黒つけたがるこの習性。

ネットでの袋叩きやいじめも同じですよね。

 

かかりたくて罹ったわけではない田舎で第一号の感染者家族は、

何十年と住んできた土地を追い出され、

仕事もなくし、不景気な今の世の中を一日のいのちを凌ぐために

それこそ「必死」。

 

「自粛警察」に取り締まられた子ども食堂に来ている子どもたちは…。

そこでしかありつけない一日のうちのたった一食。

命をつなぐ大切な一食。

もし、そんな子どもたちがいたら。

 

正しさと、正義による暴力はなんと紙一重だろう。

 

何が正しくて、何が間違っているかなんてわからないけど

その人たちを思って

「祈り」「ご供養」だけするような私にはなりたくない。

 

お店が今すぐにつぶれそうな友だち。

感染者を持つ家族。

恐怖でイラつく知り合い。

 

現実、今のその人にとっての救いに、「祈り」なんて無意味かもしれない。

  信仰で腹が満たされるのか!

  あなたの祈りで店はつぶれないのか!

  娘は大学をあきらめたんだ…!

 

その日一日を凌ぐいのち。

吐きどころのない憤り。

悔しさや後悔、絶望。

 

一緒に悩み、「たった一日を凌ぐ」解決策を見つけるために

さて、市役所・自治体・国の制度でも調べようか。

 

「自業自得」と見下すより

「あいつらがちゃんとしないから」と責めるより

「私じゃなくて良かった」と他人事より

 

よっぽどいい。

 

48+