11月15日 開祖さま生誕会

開祖さま生誕会(かいそさませいたんえ)

教団行事
開祖さま生誕会

庭野日敬開祖は、1906(明治39)年、11月15日、新潟県中魚沼郡十日町大字菅沼(現 新潟県十日町市菅沼)に生まれました。

人に尽くすことを喜びとした祖父・重太郎や「なるべく暇がなくて、給料の安い、骨の折れるところへ奉公するように」と諭す父・重吉らの教えを受け、16歳の夏に上京。その後、恩師である新井助信師や長沼政(のちの脇祖長沼妙佼)との出会いを経て、1938(昭和13)年、立正佼成会を創立、以来、法華経に帰依し、慈悲の実践に徹しました。

また「真の平和は宗教心の涵養による以外にない」との信念から、「国民皆信仰」「明るい社会づくり運動」を提唱するとともに、世界の平和境建設をめざして、宗教者同志が手を携える必要性を訴え、国内外で積極的に宗教協力活動を展開。WCRP(世界宗教者平和会議)やACRP(アジア宗教者平和会議)の創設・運営に力を尽くしました。さらに、過去3回行われた「国連軍縮特別総会」では、世界の為政者に非武装による平和を重ねて呼びかけるなど、世界平和の構築に情熱を傾注しました。

1991(平成3)年11月15日に「法燈継承式」を挙行し、長男・日鑛に会長位を委譲したのちも、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世と共にバチカンでの「WCRP6(第6回世界宗教者平和会議、1994年)」に出席するなど、世界の平和を目指して精力的な活動を続けました。

1999年(平成11)年10月4日、92歳で入寂しました。

11月15日は、ひたすら法華経の広宣流布に邁進してきた庭野開祖の遺徳を全会員でかみしめるとともに、報恩感謝の意をこめて新たな誓願を立てる日です。