2018-現在

「惜しみなくつながる 〜菩薩を育てる苗代(なわしろ)になる〜」(総合目標)の20年

2018(平成30)年
3.5
創立80周年記念式典を挙行。庭野日鑛会長は法話の中で、教団創立100年に向け、新たな心で布教伝道に取り組む重要性を説いた。同8日には都内ホテルで祝賀会を開催。宗教界をはじめ、学術、文化・芸術、ジャーナリズムなど各界から来賓をお招きした
創立80周年記念式典創立80周年記念式典
4.4~5
スリランカ政府の要請を受け、佼成カウンセリング研究所が同国で、内戦、津波被害者の心のケアを目的に「カウンセラースキルアップ講座」を開催
5.21~25
ミャンマーの平和を支援する「ミャンマー・ハイレベル諸宗教使節団」に庭野会長が参加。同国ヤンゴンでWCRP(世界宗教者平和会議)国際、ミャンマー両委員会が会合を開き、そこで作成した公開書簡をアウンサンスーチー国家顧問に提出
5.25
日本の吹奏楽の普及・発展に寄与したとして、立正佼成会と東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)に一般社団法人・全日本吹奏楽連盟(丸谷明夫理事長)から感謝状が贈られた
6.9,13
米朝首脳会談の前後に、会談の成功と平和の実現を願うメッセージを発表
7.4
一食平和基金から大阪府北部地震で被害を受けた大阪・高槻市に見舞金。このほか、平成30年7月豪雨(8月)、北海道胆振東部地震(10月)に緊急支援
8.3
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)から、難民、移民の救済活動への本会の協力に対し、感謝状が贈られた。また23日には、国連世界食糧計画(WFP)より、本会の30年近くにわたってのパートナーシップと支援に対して、感謝状が手渡された
11.5~11
解体が決まった普門館(大ホールの舞台)を吹奏楽関係者やファンに開放するイベント「普門館からありがとう~吹奏楽の響きたちへ~」を開催。延べ約1万2000人が来場した
「普門館からありがとう~吹奏楽の響きたちへ~」を開催「普門館からありがとう~吹奏楽の響きたちへ~」を開催
2019(平成31年/令和元)年
4.5
一食平和基金からアフリカ南東部のサイクロン被害に緊急支援。このほか、東日本での台風と大雨による被害(11月)に緊急支援
4.27
「明るい社会づくり運動 提唱50周年記念大会」(主催=NPO法人「明るい社会づくり運動」)が、『伝統と革新』をテーマに都内で行われ、協力団体を代表して庭野日鑛会長が挨拶
5.19
青年部員が平和な社会や世界を築くための具体的な活動を行う「青年の日」が、50回目を迎えた。全国で一食ユニセフ募金をはじめ、さまざまな活動が展開された
一食(いちじき)ユニセフ募金一食(いちじき)ユニセフ募金
6.19
「アブドッラー国王宗教・文化間対話のための国際センター」(KAICIID)の理事として庭野次代会長が、『宗教間・文明間の協力から人類の連帯へ』をテーマにオーストリア・ウィーンで開催された国際会議に出席し、スピーチ
8.20~23
世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)の第10回世界大会が、ドイツ・リンダウで開催され、国際名誉会長の庭野会長が出席。開会式では国際共同議長として庭野光祥次代会長がスピーチ
ドイツ・リンダウでのWCRP/RfPの第10回世界大会ドイツ・リンダウでのWCRP/RfPの第10回世界大会
11.24~25
ローマ教皇フランシスコの来日にあたり、広島での集いには庭野会長が出席、東京でのミサには、庭野会長、光祥次代会長が参列
2020(令和2)年
1.20~2.3
米国とイランの緊張状態を受けて、世界各地で起きている紛争や対立状況が対話と協調によって解決することを願い、大聖堂や各教会で「祈りのことば」を唱和
2.1
生活困窮者の自立を支援する共同住宅「シェアハウスこうじゅ(関西光澍館)」(豊中教会敷地内)が開所
2.20~
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各教会に『「新型コロナウイルス(COVID-19)」に関する対応について』の通知文書の第1報を送付。大聖堂周辺の本部施設の閉鎖、本部主催行事の中止や延期を決定。同文書は年内に第8報まで出された
3.21
教団本部内に「新型コロナウイルス感染症対策本部」(本部長=國富敬二理事長)を設置
4.1
新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、WCRP(世界宗教者平和会議)国際委員会によるオンラインの祈りの集い『希望と連帯の諸宗教のひととき』が行われ、庭野光祥次代会長が大聖堂から祈りの言葉を奏上
大聖堂の聖壇で題目を三唱し、英語で祈りの言葉を奏上した光祥次代会長大聖堂の聖壇で題目を三唱し、英語で祈りの言葉を奏上した光祥次代会長
4.17~5.22
政府による「緊急事態宣言」を受け、全国の教会を完全閉鎖。宣言解除後は、教会の機能を段階的に回復
5.1~
主な教団行事、ご命日(毎月1、4、10、15日)に行なわれる読経供養などの映像をインターネットライブ配信(会員限定)
6.1
新型コロナウイルス被害への緊急対策として、一食平和基金が総額1億6200万円の拠出を決定。その一環で、「一食地域貢献緊急支援プロジェクト」を開始。同基金はこのほか、令和2年7月豪雨(8月)、アフガニスタン洪水被害(9月)に緊急支援
10.28
核兵器禁止条約の批准が50の国や地域に達し、発効要件を満たしたことを受け、これを歓迎する声明を発表。11月19日には、声明を政府に提出し、同条約への日本の参加を求めた