新型コロナウイルス関連情報

「新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対応について 第6報」送付

2020.05.22

 

5月22日、「新型コロナウイルス感染症対策本部」は國富本部長名で『「新型コロナウイルス(COVID-19)」に関する対応について』(第6報)を全国各教会に通知しました。

 

國富本部長は、会員の感染の拡大防止に努めつつ、家庭での教えの実践、安否確認などの地道な活動への取り組みへの感謝と新たな対応への協力を述べています。

 

今報では、5月14日に政府が「緊急事態宣言」を39県、同21日には42県で解除しました(25日には全都道府県で解除)。しかし、いまだ感染終息の見通しが立っていないことから、社会の動向に対して「早めの自粛と遅めの再開」というこれまでの方針を維持。基本方針を「感染の拡大を防ぐため、『3つの密』を避けつつ身体的距離を保つことに努めます」としています。

 

性急な再開を避けつつ、現在の教会の体制を6月15日まで維持し、その後、教会の機能を地域の実情等に合わせて、段階的に回復させていく方向性を明示しています、また、教団行事、ご命日式典、各種行事などの大規模集会行事や、県をまたぐ移動を伴う全ての活動は引き続き当面の間、休止としています。

 

大聖堂、本会発祥の地・修養道場など本部施設の閉鎖は8月31日まで期間を延長(大聖堂4階礼拝室=喜捨箱前=での参拝は可能)。大聖堂聖壇当番、大聖堂当番、佼成霊園での霊園当番の休止期間も同31日まで延長されます。

 

本部施設の閉鎖期間中、ご命日(1日、4日、10日、15日)には大聖堂で読経供養と教団代表の挨拶が行われ、その模様は動画投稿サイト「YouTube」でライブ配信されます。