立正佼成会概要

十二因縁じゅうにいんねん

私たちがどのように生まれ、成長し、老い、死にゆくのかという原因・結果のなりゆきを十二の段階に分けて説いたもの〈外縁起〉(がいえんぎ)であると同時に、私たちの心の変化の法則を説いたもの〈内縁起〉(ないえんぎ)でもあります。釈尊(仏陀)が人々の人生苦を滅するために思索し、悟った、非常に大切な根本原理です。ここでは、わかりやすい〈外縁起〉にもとづいて説明します。

「無明(むみょう)は行(ぎょう)に縁(えん)たり」
「行は識(しき)に縁たり」
「識は名色(みょうしき)に縁たり」
「名色は六入(ろくにゅう)に縁たり」
「六入は触(そく)に縁たり」
「触は受(じゅ)に縁たり」
「受は愛(あい)に縁たり」
「愛は取(しゅ)に縁たり」
「取は有(う)に縁たり」
「有は生(しょう)に縁たり」
「生は老死(ろうし)・憂悲(うひ)・苦悩(くのう)に縁たり」

前半のここまでを〈順観〉(じゅんかん)といいます。釈尊(仏陀)の第一の悟りは〈縁起観〉というもので、すべてのものごとは、必ず因(原因)と縁(原因を育てるきっかけとなる要素)とによって生じており、それを正しく観ることを縁起観といいます。十二因縁のつらなりは、無明からはじまります。無明(真理を知らない無智な心の状態)が行(無意識な行動)につながり、それが識(外界のものをぼんやりとではあるが知る力)を生みます。識が発達すると名色(自分という存在の意識化)が進みます。やがて六入(視覚や聴覚などの感覚とそれを知る意識)、触(名色と六入が接触して木や石など外界のものを区別できるようになる)、受(心に感情がおこる)に進み、人間特有の愛(愛着・執着)を覚えるようになります。次の段階になると心のはたらきが複雑になり、取(求めてやまない欲望や嫌いなものごとから逃げだしたい心)の感情を生みます。そして有(他人と自分との区別が意識化し、不幸と思う心や差別してものごとを見る見方)によって他人に対する一体感が薄れ、生(対立や摩擦、争いによって苦の人生を歩んでいる現在の人間のすがた)となります。やがて老いがせまり、死がやってきます。

「無明滅すれば即(すなわ)ち行滅す」
「行滅すれば即ち識滅す」
「識滅すれば即ち名色滅す」
「名色滅すれば即ち六入滅す」
「六入滅すれば即ち触滅す」
「触滅すれば即ち受滅す」
「受滅すれば即ち愛滅す」
「愛滅すれば即ち取滅す」
「取滅すれば即ち有滅す」
「有滅すれば即ち生滅す」
「生滅すれば即老死・憂悲・苦悩滅す」

後半は〈逆観〉(ぎゃくかん)と呼ばれています。読めば一目瞭然ですが、根本原因である無明が条件となって行が生じているのであれば、その無明を滅する、つまり無智ではなくて智慧のある状態になれば、次の行は滅するわけです。そしてその智慧こそが釈尊の教え、仏法であり、その学びと実践(修行)で、さまざまな人生苦は、次々と解消していくという理論です。その実践(修行)の方法は「六波羅蜜」(ろくはらみつ)で教えられています。

参考文献 : 『仏教のいのち法華経』庭野日敬