返信先: ごきげんよう

#10608
その他 担当者
ゲスト

 苦しみのあるところ救いあり、苦しみのないところ救いなしと言えます。」と教えてくださいます。

 苦を経験してこそ、得る喜びは大きく、また痛みを知ったからこそ、人に優しくなれるのですね。
 痛みの経験は辛いですが、人を大きくさせてくれる貴重な経験ですね。
 『ごきげんよう』の記事を読んでいただき、自身の気づきとして受け止めていただければと思います。