返信先: ごきげんよう

#10854
その他 山中規予乃
ゲスト

今から12年前の事です。姑が大動脈解離で入院しました。医師からは、二日の命だと告げられていました。私は、姑の傍らで法華三部経を読み続けました。姑を励ます方法を模索していた私は、「神仏が守ってくれてるよ。」と、姑の耳もとでささやきました。姑は目を覚まし、私に、「優しい。」と言うと、日に日に元気を回復し、9ヶ月も生きて下さいました。姑にご恩返しをしたかった私は、少しばかりの親孝行をさせて頂きました。