#22989
その他 さっちゃん
ゲスト

私の導きの親が、踏切で電車がとおりすぎるのを信者さんと待っていました。その時導きの親は、ふと隣におられた老人に、「こんちは」と声をかけた。電車が通りすぎ踏切を横断し、先ほどの老人が導きの親に、「ありがとうございました。自分は電車に飛び込み自殺しようと思っていましたが、貴方の言葉で、もう一度生きようと決意しました。」と。
何気ないときの挨拶で、人様の命までも救って下さいました。導きの親様、ありがとう