2021年07月

会長法話慈しみの眼をもって

法華経の観世音菩薩普門品(観音経)を手がかりに、前号では「観音さまを念ずる」ことの意味をご指導いただきました。今号では「慈眼をもって衆生を視る」の一節をとおして、私たち一人ひとりがどのように人さまを見て、接していけば「無量の福があつまる」社会を築く一助となるかについてご指導いただきます。

電子版
「会長法話」の電子版がお読みいただけます。パソコンのほか、スマートフォン、タブレットなどの端末でもご利用いただけます。
多言語版
「会長法話」や「開祖随感」が各国の言語でご覧になれます。随時更新しています。
朗読 MP3
会員ボランティアの方々が朗読した「会長法話」が音声で視聴できます。
podcast
「会長法話」の音声朗読版をpodcastで配信しています。スマートフォンに登録すると更新通知が届きます(登録にはpodcastのアプリが必要です)。