『佼成』会長法話

2014年11月

会長法話素直に受け入れる

昔から、学校のPTAや町内会の役員は、なかなか決まらないものの代名詞のようにいわれます。気を遣(つか)い、多くの時間を割(さ)いて尽力し、それでいてときにはお叱りを受けたりする、損な役回りと受けとめられるからでしょう。

電子版
「会長法話」の電子版がお読みいただけます。パソコンのほか、スマートフォン、タブレットなどの端末でもご利用いただけます。
多言語版
「会長法話」や「開祖随感」が各国の言語でご覧になれます。随時更新しています。
朗読 MP3
会員ボランティアの方々が朗読した「会長法話」が音声で視聴できます。
podcast
「会長法話」の音声朗読版をpodcastで配信しています。スマートフォンに登録すると更新通知が届きます(登録にはpodcastのアプリが必要です)。