『佼成』会長法話

2016年5月

会長法話持ち味を発揮する

大根、はんぺん、がんもどき、こんにゃく、ちくわに昆布に玉子……。少し季節外れかもしれませんが、持ち味という言葉を聞くと、私の頭にはなぜか、鍋のなかでおいしく煮えるおでんが思い浮かびます。一つの鍋のなかで、具材が相互に味を引きだしあいながら、しかもそれぞれが持ち味を発揮する。そこには、私たちの社会や一人ひとりの生き方に通じるものがあるような気がします。

電子版
「会長法話」の電子版がお読みいただけます。パソコンのほか、スマートフォン、タブレットなどの端末でもご利用いただけます。
多言語版
「会長法話」や「開祖随感」が各国の言語でご覧になれます。随時更新しています。
朗読 MP3
会員ボランティアの方々が朗読した「会長法話」が音声で視聴できます。
podcast
「会長法話」の音声朗読版をpodcastで配信しています。スマートフォンに登録すると更新通知が届きます(登録にはpodcastのアプリが必要です)。