宗教協力のあゆみ 1951~1974

1951(昭和26)年
10.17
新宗連(新日本宗教団体連合会)発足、本会加盟(理事長・御木徳近師)。新宗連結成声明書は、平和への貢献とともに「宗教尊重の気風作興」を挙げる。新宗連の四本柱は「宗教協力」「信教の自由」「政教分離」「国民皆信仰」。結成当時の主な教団は、PL教団、生長の家、世界救世教、孝道教団、天真道教団、三五教、修養団捧誠会、惟神会、天崇教など
1963(昭和38)年
9.14
庭野日敬開祖が「核兵器禁止宗教者平和使節団」副団長として欧米歴訪。ローマ教皇パウロ六世と謁見し、平和提唱文を手渡す
1965(昭和40)年
9.14
庭野日敬開祖が「第二バチカン公会議開会式」に出席。ローマ教皇パウロ六世と会見
11.7
庭野日敬開祖が新宗連(新日本宗教団体連合会)理事長に就任
1968(昭和43)年
1.22
庭野日敬開祖が「平和についての日米諸宗教京都会議」に出席
1969(昭和44)年
2.21
「国際宗教者会議」が、トルコのイスタンブールで開催され、庭野日敬開祖が出席。席上、1970年に京都でWCRP(世界宗教者平和会議)の開催を決定。WCRP日本委員会事務局を日宗連(日本宗教連盟)に設置
4.3
庭野日敬開祖が日宗連(日本宗教連盟)理事長に就任
7.18
「第20回IARF(国際自由宗教連盟)世界大会」がアメリカのボストンで開催され、庭野日敬開祖が出席。本会はIARFに加盟
8.21
「第1回世界連邦平和促進宗教者大会」が開催され、庭野日敬開祖が出席
1970(昭和45)年
10.16
「第1回WCRP(世界宗教者平和会議)」が国立京都国際会館で開催され、本会も参加。世界39カ国から約300人の代表者が集まった。テーマ「非武装・開発・人権」
12.18
庭野日敬開祖が「第1回WCRP」の決議に従い日宗連(日本宗教連盟)のベトナム宗教代表者視察団団長としてベトナムの平和推進のため現地を訪問視察
1971(昭和46)年
5.29
「第3回世界連邦平和促進宗教者大会」に参加
1972(昭和47)年
4.19
WCRP(世界宗教者平和会議)日本委員会が発足。庭野日敬開祖が初代委員長に就任。事務局を普門館(本会施設)に設置
8.12
庭野日敬開祖が「第21回IARF(国際自由宗教連盟)世界大会」出席のため西ドイツへ。ハイデルベルグでハイネマン大統領と会見
1973(昭和48)年
5.4
WCRP(世界宗教者平和会議)が国連経済社会理事会(ECOSOC)より国連NGOとして正式加盟が承認される
1974(昭和49)年
4.18
庭野日敬開祖が日中友好協会、中国佛教協会の招きで中国訪問。趙樸初会長らと会見
8.28
「第2回WCRP(世界宗教者平和会議)」がベルギーのルーベンで開催され、本会も参加。53カ国の代表が参加。テーマ「宗教と人間生活の質」

宗教協力のあゆみ
1951(昭和26)年~1974(昭和49)年
1975(昭和50)年~1985(昭和60)年
1986(昭和61)年~1993(平成5)年
1994(平成6)年~2003(平成15)年
2004(平成16)年~2013(平成25)年
2014(平成26)年~現在
諸宗教とのネットワーク