ニュース

HOME  >  ニュース  >  NPO法人明るい社会づくり運動 第16回通常総会

バックナンバー

2016年6月18日

NPO法人明るい社会づくり運動 第16回通常総会


NPO法人明るい社会づくり運動の「第16回通常総会」が6月18日、東京・杉並区の佼成図書館視聴覚室で行われ、理事を含む全国の運営会員ら47人が参加しました。協力団体である立正佼成会からは、同法人常務理事を務める沼田雄司参務が出席しました。

総会では、砂川敏文理事長のあいさつの後、昨年度の事業と収支報告が審議を経て承認されました。この中で、昨年度に初めて実施された全国清掃キャンペーン「明社人 みんなでゴミ拾い 2015」や、NPO法人日本国際ボランティアセンター(JVC)と協働して行われた「ラオスに井戸を贈る運動」の成果などが発表されました。また、沼田常務理事を含む3人の理事と監事1人が6月30日で任期満了を迎えるにあたり、後任の監事に日本税理士連合会理事の大石雅也氏が承認され、沼田常務理事が「担当常務」として引き続き同法人の運営に携わることが報告されました。
続いて、今年度の事業計画、予算が報告され、東日本大震災の災害支援事業を引き続き展開するなどの方針が確認されたほか、社会貢献を志す人材育成を目的とした「明社志民カレッジ」、同運動の方向性や事業のあり方を共有する「全国都道府県会議」(11月、東京)の実施が発表されました。